歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端にある歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症

パーキンソン病・ひざの痛み・腰痛に対応

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2023-02-06 15:31:00

脳卒中患者さんの反張膝のリハビリとは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

今回は脳卒中患者さんの反張膝の
リハビリについて解説したいと思います。

 

 

そもそも反張膝とは?


歩行中に膝が急激に伸展(伸びる)
する現象のことです。


その原因は?


①足関節背屈の可動域制限
②下腿三頭筋の過活動
などがあります。


そして反張膝は膝の半月板の
容積とも関係していると
言われています。


膝関節への負担を考えると、
すぐにでも解決したいところでは
ありますが、原因は一つではないことが
多い印象があります。

 

 

では反張膝に対するリハビリは
どんなことを行うと良いのでしょうか?


主に
①固有受容器トレーニング
②装具療法
③電気刺激療法(FES)


この3つの効果をそれぞれ調査した
Geerarsらの論文では、
急性期~亜急性期での反張膝に対しては
固有受容器トレーニングが有効である
可能性が示唆されています。


固有受容器トレーニングは、
立位や歩行練習中に
膝関節が伸びすぎると、
音で知らせたり、セラピストが
言葉で伝えたりする方法が
とられています。

 

 

反張膝になっている原因を
分析することも大切なことです。


股関節・膝関節・足関節・骨盤帯・
体幹などの機能だけではなく、
「コントロール可能な膝関節の角度」
「どの部分をサポートすると膝関節を
 円滑にコントロールできるのか」
その詳細を分析する観察・触診も
重要だなと感じています。

 

 

 

本コラムでは、脳卒中患者さんの
反張膝に対するリハビリを解説しました!


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年2月6日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Li W, Li T, Xi X, Zhang R,
Sun W,Zhang D, Gong W.
Does higher knee hyperextension in patients
with hemiplegia affect lateral and medial
meniscus volume in the paretic leg?
A cross-sectional study.
BMC Sports Sci Med Rehabil. 2023
Jan 5;15(1):4. doi: 10.1186/
s13102-022-00611-1.
PMID: 36600322; PMCID: PMC9814213.

2)Geerars M, Minnaar-van der Feen N,
Huisstede BMA.
Treatment of knee hyperextension
in post-stroke gait. A systematic review.
Gait Posture. 2022 Jan;91:137-148.
doi: 10.1016/j.gaitpost.2021.08.016.
Epub 2021 Aug 24. PMID: 34695721.

 

 

 

 

2023-01-27 22:41:00

脳卒中患者さんに対する前庭リハビリテーション~Gaze Stability Exercise~

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

今回は脳卒中患者さんに対する前庭
リハビリテーションについてを
解説したいと思います。

 

 

※前庭リハビリテーションとは?

前庭とは平衡感覚を保つために
必要な器官です。


腕・脚・首・目の動きと関係があり、
姿勢を保つために働きます。


これらの調整がうまくいかなくなると
めまい、ふらつきなどが見られるように
なります。


前庭機能に対するリハビリテーションには
①適応
②慣れ
③代償


この中の「適応」に
Gaze Stability Exerciseという
方法があります。

 

 

※Gaze Stability Exerciseとは?

目の前にある文字などを見続けながら、
目だけを動かしたり、頭を動かしたり、
手を動かしたりする方法です。

 

 

Zhaoらは脳卒中患者さんに対して
Gaze Stability Exerciseを行い
その効果を検証しています。

 

 

この研究には・・・
40名の脳卒中患者さんが
参加されています。


そして、
Gaze Stability Exerciseを
 行うグループ

Gaze Stability Exerciseを
 行わないグループ


この2つのグループに分けられました。
ちなみに両グループともに、通常行われる
リハビリは実施しています。

 

 

その結果・・・
Gaze Stability Exerciseを
行ったグループは
(行わなかったグループに比べて)
バランス能力、歩行能力、
マヒ側の立脚時間、立脚時間の
非対称性が改善することが
わかりました。


※立脚時間とは?
歩行には大きく
「立脚期」「遊脚期」
この2つに分けることができます。


立脚期は脚で支えるときのことです。
立脚時間は脚で支えている時間のことです。


立脚時間の非対称性とは?
左右の立脚時間の差です。
その差が大きくなると非対称性が
増すことになります。

 

 

【注意点】
では明日から試してみようと思った方、
お待ちください!!


他のリハビリと同じことですが、
検査や評価を行った後に行うことを
おススメします。


「めまい」には様々な原因がありますので、
前庭リハビリテーションを行うことの
リスクも検討する必要があります。


例えば、首にある動脈の血流が少なくなる
ことが原因で”めまい”などの症状が
みられることもあります。


興味をもたれた方は、現在リハビリを
行っている方でしたら専任スタッフの方に
ご相談いただくのをお勧めします!

 

 

本コラムでは、脳卒中患者さんに対する
前庭リハビリテーションを解説しました!



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年1月27日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Zhao R, Lu J, Xiao Y, Liu X, Wang Y, Xu G.
Effects of Gaze Stabilization Exercises on Gait,
Plantar Pressure, and Balance Function
in Post-Stroke Patients:
A Randomized Controlled Trial. Brain Sci.
2022 Dec 9;12(12):1694. doi: 10.3390/
brainsci12121694. PMID: 36552154;
PMCID: PMC9775540.

 

 

 

 

2023-01-24 16:22:00

パーキンソン病患者さんの二重課題中の姿勢安定性

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
二重課題での姿勢安定性を解説したいと
思います。

 

 

今回はMorenillaらの報告を
紹介したいと思います!

 

 

この研究では、
パーキンソン病の患者さんと
パーキンソン病ではない方が
参加しています。


さらに・・・
Ⓐシングルタスク①
(立つ+目を開ける)


Ⓑシングルタスク②
(立つ+目を閉じる)

Ⓒデュアルタスク①
(立つ+目を開ける+認知課題)

Ⓓデュアルタスク①
(立つ+目を閉じる+認知課題)


Ⓐ〜Ⓓのグループに分けられ、
姿勢の安定性が調査されました。

※デュアルタスク(二重課題)とは?
運動課題と認知課題を一緒に行うことです。
例えば、計算を行いながら歩くのも、
デュアルタスク(二重課題)です。



※認知課題とは?
イヤホンで話しを聞き、あらかじめ
決めておいた単語がいくつ出てくるのか
覚えておき答える課題です。

 

 

その結果・・・

パーキンソン病の患者さんは
(パーキンソン病ではない方に比べて)
姿勢の動揺が大きいことがわかりました。


さらに、
パーキンソン病ではない方は、
(立つ+目を閉じる+認知課題)で
認知課題の正答率が下がったのに対し、


パーキンソン病の患者さんは、
(立つ+目を開ける+認知課題)で
認知課題の正答率が下がることが
わかりました。


つまり、パーキンソン病の患者さんは
課題を行っているときは、姿勢の安定を
保つことを優先にしていると言えます。

 

 

課題を行っているときと行わないときの
姿勢の変化を観察したり、その動揺を
確認することも必要なのかも知れません。


リハビリの戦略自体も変えなくては
ならないのかなと感じています。

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
二重課題中での姿勢安定性を解説しました。


本コラムが少しでも皆さまの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年1月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1) Morenilla L, Márquez G, Sánchez JA, Bello O,
López-Alonso V, Fernández-Lago H,
Fernández-Del-Olmo MÁ.
Postural Stability and Cognitive Performanceof
Subjects With Parkinson's Disease During
a Dual-Task in an Upright Stance.
Front Psychol. 2020 Jul 29;11:1256.
doi: 10.3389/fpsyg.2020.01256.
PMID: 32903649; PMCID: PMC7438725.

 

 

 

 

2023-01-16 14:22:00

人工膝関節置換術後の患者さんの歩行能力と膝関節伸展筋力

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

今回は人工膝関節術後の患者さんの
歩行能力と膝伸展筋力を解説したいと
思います。


※膝伸展とは?
ひざをピ―ンと伸ばすことです。

 

 

今回はIwataらの論文を紹介したいと
思います!

 

 

この研究には186名の人口膝関節置換術を
受けられた患者さんが参加しました。


そして、
・膝関節の伸展筋力
・膝関節の伸展速度
・歩行速度
・Timed up go Test(TUG)


※TUGとは?
歩行能力を検査する方法の1つです。
①椅子から立ち上がる
②3m離れたコーンを回る
③椅子に座る

この①~③にかかった時間を計測します。
 

 

 

その結果・・・
【歩行速度】
①手術した側の膝関節伸展速度
②手術していない膝関節の伸展筋力
③膝の痛み
以上の3つが歩行速度と関係があることが
わかっています。


【TUG】
手術した側の膝関節伸展速度が
TUGの結果と関係があることが
わかっています。


【まとめ】
つまり、歩行速度もTUGの結果にも
膝関節の伸展速度が関係があるという
ことです。

 

 

膝関節伸展速度を上げるための
トレーニングの方法については
吟味する必要がありますが、
筋力だけでなく、速度にも注目が
必要だなと感じました。

 

 

本コラムでは、人工膝関節置換術後の
患者さんの歩行能力と膝関節伸展

解説しました!



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年1月16日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Iwata A, Sano Y, Wanaka H, Kobayashi S,
Okamoto K, Yamahara J, Inaba M, Konishi Y,
Inoue J, Kanayama A, Yamamoto S, Iwata H.
Maximum knee extension velocity without
external load is a stronger determinant of
gait function than quadriceps strength
in the early postoperative period following
total knee arthroplasty. PLoS One.
2022 Nov 22;17(11):e0276219.
doi: 10.1371/journal.pone.0276219.
PMID: 36413535; PMCID: PMC9681062.

 

 

 

2023-01-09 14:50:00

脳卒中患者さんのマヒした脚に対するCI療法

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

今回は脳卒中患者さんのマヒした脚に
対するCI療法を解説したいと思います。

 

 

今回はZhouらの論文を紹介したいと
思います!

 

 

※CI療法とは?

英語では、
constraint-induced movement therapy
と言われているもので、脳卒中によって
マヒした手に対するリハビリの1つです。


日常生活で使用することをマヒした手を
目標として、課題(練習)を行ったり、
その練習が日常生活に活かせるように
工夫された方法です。


マヒした手に対するリハビリとして
発展したCI療法ですが、
脚に対して行われる場合もあります。


Zhouらの論文はマヒした脚に対する
CI療法の効果を調査した研究です。

 

 

その結果・・・
マヒした脚に対するCI療法は、
(従来の理学療法と比べて)

①マヒした脚の運動機能
②バランス能力
③歩行速度
④歩行能力
⑤日常生活動作能力

①~⑤の改善が得られたと
報告しています。

 

 

【私が気になるところ】

①CI療法の方法が統一されていないこと
インソールを使用したり、
マヒしていない側の脚に添え木を使用したりと
方法が様々な点が気になりました。


②CI療法の介入時期
どのリハビリでも同じなのですが、
発症して間もないころに効果があるのか、
発症からしばらく経過が経っても効果が
あるのか気になるところです。

 

 

私としては、マヒされた脚に対して
積極的に介入することに意味が
あるのかなと思いました。


ということは・・・
通常のリハビリとの違いが
気になり始めました。


下肢のCI療法のプロトコル(手順書)が
あるようなので読んでみたいと思います!

 

 

本コラムでは、脳卒中患者さんの
マヒした脚に対するCI療法を
解説しました!



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年1月9日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Zhou M, Tu Y, Cui J, Gao P, Yi T, Wang J,
Hao Q, Li H, Zhu T.
Effect of constraint-induced movement therapy
onlower extremity motor dysfunction in
post-stroke patients: A systematic review and
meta-analysis. Front Neurol. 2022 Nov 21;13
:1028206. doi: 10.3389/fneur.2022.1028206.
PMID: 36479056; PMCID: PMC9720264.

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
2023.02.07 Tuesday