歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

歩行専門”の自費リハビリ施設 『アルコネクト』

▸科学的な裏付けに基づくリハビリ

▸認定理学療法士の資格保有者が対応

▸完全予約制の個別対応
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2024-06-13 10:55:00

知っておきたい! 転倒の原因とその対策

 

こんにちは!
アルコネクト代表の市川です!

 

 

今回のテーマは『転倒』です。


厚生労働省の調査によれば、骨折・転倒は、介護が必要となった原因の上位を占めます。


転倒の主な原因は・・・

①転倒した経験がある (転倒歴)
②転倒恐怖感
③認知機能低下
バランス低下
フレイル などが影響すると言われます。

※フレイルとは・・・
年齢を重ね、心身機能が低下した状態


さらに高齢の方では・・・

①経済的状況
②聴覚障害
③視覚障害
④社会活動の減少
⑤身体活動量の低下
⑥うつ病 なども影響があると言われます。

転倒には、様々な背景があることが
わかります。

 

 

今回は『転倒恐怖感』に焦点を当て、
話を進めたいと思います。


転倒恐怖感とは、その言葉の通り
『転びそうで怖い
』ことです。


厄介なのは転倒の要因になるだけでなく、
生活の質(QOL)にまで影響があることです。


ではどうしたら転倒恐怖感を減らせるのか?


その1つが『運動』です!


kunarらによると・・・

太極拳・ヨガ、歩行練習・バランス練習、
筋力トレーニングなどを行うことによって、
転倒恐怖感を減らせると報告されています。


Kpらによると・・・

Otago exercise program(OEP)と
体幹トレーニングを行うことで、
バランスや転倒恐怖感を改善できたと
報告しています。


ちなみに・・・
OEPとは、筋トレとバランス練習を行う
運動プログラムのことです。


つまり、運動を行うと身体機能を高め、
転倒恐怖感を減らせる
ことがわかります。

 

 

しかし・・・
運動直後は効果がみられるものの、
時間経過にしたがってその効果は、
薄れてしまうと言われています。


Ambrensらによれば・・・

エクサゲームを行うことで、バランス能力は
改善したものの、転倒恐怖感は少なく
できなかったとしています。


※エクサゲームとは・・・
テレビゲームを用いた運動のことです。


このことを踏まえると・・・
・どんな運動を行うのか?
・運動を続けること
・転倒のリスク要因の評価を行うこと


この3点はポイントかなと思います。

 

 

冒頭でお話しましたとおり、
転倒する原因は1つだけではありません。


低リスク・中リスク・高
リスクと分け、
それぞれで対策を変える必要があるのでは?
と考えています。


健康教室・介護予防教室などの取り組みの
重要性が周知されるとともに、社会全体で、
『転倒予防』に取り組んでいくことが
必要なのではないでしょうか。


転倒予防のコラムはこちら>>

 

 

本コラムが、少しでも皆さまの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

【参考文献】 

1)Kendrick et al.Exercise for reducing fear of falling inolderpeople living in the community. Cochrane Database Syst Rev.
Nov 28 2014;(11):CD009848.doi:10.1002/14651858.CD009848.pub2

2)厚生労働省 国民生活基礎調査(令和元年)(2022年3月20日閲覧)

3)厚生労働省 我が国の人口について(2022年3月20日閲覧)


4)Mehta, Jignasa et al. “Visual risk factors for falls in older adults: a case-control study.” BMC geriatrics vol. 22,1 134. 17 Feb. 2022, doi:10.1186/s12877-022-02784-3


5)Jaatinen R, Luukkaala T, Hongisto MT, Kujala MA, Nuotio MS. Factors associated with and 1-year outcomes of fear of falling in a geriatric post-hip fracture assessment.
Aging Clin Exp Res. 2022 Sep;34(9):2107-2116. doi: 10.1007/s40520-022-02159-z. Epub 2022 Jun 21. PMID: 35727456; PMCID: PMC9464161.



6)Kumar, Arun et al. “Exercise for reducing fear of falling in older people living in the community: Cochrane systematic review and meta-analysis.
” Age and ageing vol. 45,3 (2016): 345-52. doi:10.1093/ageing/afw036



7)Kp, Nimmi et al. “Comparison of effects of Otago exercise program vs gaze stability exercise on balance and fear of fall in older adults: A randomized trial.
” Medicine vol. 103,23 (2024): e38345. doi:10.1097/MD.0000000000038345



8)Ambrens, Meghan et al. “Effect of eHealth-delivered exercise programmes on balance in people aged 65 years and over living in the community:
a systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.” BMJ open vol. 12,6 e051377. 10 Jun. 2022, doi:10.1136/bmjopen-2021-051377

 

 

 

 

2024.07.23 Tuesday