歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-24 14:27:00

パーキンソン病患者さんに対するガイドラインに基づく理学療法の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんに
対するガイドラインに基づく理学療法の
効果を解説したいと思います。


リハビリには”理学療法””作業療法”
”言語聴覚療法”この3つがあります。
つまり、理学療法はリハビリの中の1つと
いうことです!


ガイドラインは推奨度(おすすめの程度)、
「このリハビリをおすすめします」とか
「このリハビリはおすすめできません」
などが書かれています。

 

 

今回はMedijainenらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
軽度~中等度の
パーキンソン病患者さん
24名が集められました。


そして・・・
①ガイドラインに基づく理学療法
(ヨーロッパのガイドライン)
②通常のケア
この2つのグループに分けられました。

ガイドラインに基づくグループは
週2回、60分/回、
バランス練習、歩行練習などの
リハビリを受けました。

 

 

そして・・・
Modified Patient-Specific Functional Scale
(ModPSFS)という評価でリハビリの効果が
検証されました。


ModPSFSは日常生活の困難さを
患者さん本人にお聞きして点数化する
評価です。
点数が高いということは日常生活に
困難に感じる場面が多いということに
なります。

 

 

その結果・・・
ガイドラインに基づく理学療法を行うことで
患者さん本人が感じる日常生活の困難さが
少なくなるということがわかりました。

 

 

メリットとデメリットを踏まえて
リハビリプログラムの根拠を
説明できることがリハビリ専門職に
必要なのかも知れません。


※根拠が示されているリハビリを
 ゴリ押しするわけではありません!

 

 

どのような方針でリハビリを行うのか
患者さんリハビリ担当者が意思決定するときには
ガイドラインが大切だなと感じました。

 

 

本コラムでは、
パーキンソン病患者さんに
対するガイドラインに基づく理学療法の
効果を解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
Medijainen K, Pääsuke M, Lukmann A, Taba P.
Structured guideline-based physiotherapy reduces
difficulties in activities of daily living
in Parkinson's disease. NeuroRehabilitation.
2022;50(1):47-56.
doi: 10.3233/NRE-210181.
PMID: 34776423; PMCID: PMC8925111.

 

 

 

 

2022-10-15 14:47:00

パーキンソン病患者さんに対するリズミカルな聴覚刺激の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんに
対するリズミカルな聴覚刺激
の効果を
解説したいと思います。

 

 

今回はYeらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
軽度~中等度の
パーキンソン病患者さんに
対する聴覚刺激の影響(効果)が
調査された論文が集められました。


リズミカルな聴覚刺激とは・・・
メトロームや音楽に合わせて
歩行練習などを行う方法です。
Rhythmic Auditory Stimulation
(RAS)と呼ばれます。

 

 

そして歩行能力、運動症状、
生活の質(生活の満足度)に
どのような影響(効果)があるのかが
調査されました。

 

 

その結果・・・
①ストライド長(2歩分の歩幅)
②歩行速度
③生活の満足度
④すくみ足
⑤運動症状
⑥日常生活動作
以上の6つの項目の改善が
得られることがわかりました。

 

 

すくみ足や運動症状、日常生活動作、
生活の満足度に対する効果は幅が
大きいため、効果を推測するには
経過を追う必要があるのかも
知れません。


また聴覚刺激の種類、テンポなどを
吟味する必要があるかと思います。


私が実際にリハビリの現場で用いる
なるとこの2点は特に注意するかと
思います。

 

 

本コラムでは、
パーキンソン病患者さんに対する
リズミカルな聴覚刺激の効果を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月15日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
Ye X, Li L, He R, Jia Y, Poon W.
Rhythmic auditory stimulation promotes
gait recovery in Parkinson's patients:
A systematic review and meta-analysis.
Front Neurol. 2022 Jul 28;13:940419.
doi: 10.3389/fneur.2022.940419.
PMID: 35968291; PMCID: PMC9366143.

 

 

 

 

2022-10-08 14:41:00

パーキンソン病患者さんに対する理学療法の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
理学療法の効果を解説したいと思います。


理学療法はリハビリの1つです。
他には作業療法、言語聴覚療法が
あります。

 

 

今回はRadderらの論文を
紹介したいと思います。
ちなみにこの論文はリハビリの内容を
検討するにあたり、とても重要だなと
個人的に感じています。

 

 

この研究では・・・
病期や重症度によらず
パーキンソン病患者さんに対する
理学療法の論文が集められました。
※メタアナリシスというタイプの
論文です。


理学療法として・・・
従来の理学療法、トレッドミルトレーニング、
ダンス、ノルディック ウォーキング、
全身振動、
マッサージ、筋力トレーニング、
有酸素運動、バランス・歩行練習など
12個のカテゴリーに分類されました。


そして運動症状、バランス制御能力、
歩行能力、生活の質(生活の満足度)に
どのような影響(効果)があるのかが
調査されました。

 

 

本コラムでは結果の一部(4つに絞って)を
紹介したいと思います。


①従来の理学療法・・・
運動症状、歩行速度、
歩行率(1分あたりの歩数)、
転倒恐怖感、すくみ足などに
有益な効果が期待できることが
わかりました。


②筋力トレーニング・・・
6分間歩行(6分間に歩ける距離)、
生活の満足度に有益な効果が
期待できることがわかりました。


③有酸素運動・・・
運動症状、バランス制御能力、
6分間歩行に有益な効果が
期待できることがわかりました。


④バランス・歩行練習・・・
運動症状、バランス制御能力、歩行速度、
ストライド長(2歩分の歩幅)などに
有益な効果が期待できることが
わかりました。


その他、8つのカテゴリーに関しても
効果が調査されています。


まとめると・・・
行う運動(理学療法)によって
期待される効果に違いがあるという
ことです!


そのため、解決したい課題・達成したい
目標によって運動の方法を変えなくては
ならないということを示しています。

 

 

本コラムでは、
パーキンソン病患者さんに対する
理学療法の効果を解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月8日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
DLM, Lígia Silva de Lima A,
Domingos J, Keus SHJ, van Nimwegen M,
Bloem BR, de Vries NM.
Physiotherapy in Parkinson's Disease:
A Meta-Analysis of Present Treatment Modalities.
Neurorehabil Neural Repair.
2020 Oct;34(10):871-880.
doi: 10.1177/1545968320952799.
Epub 2020 Sep 11.
PMID: 32917125; PMCID:
PMC7564288.

 

 

 

 

2022-10-01 14:55:00

軽度・中等度の パーキンソン病患者さんのトレーニング効果

 

こんばんは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは軽度・中等度の
パーキンソン病患者さんの
トレーニングの効果についてを
解説したいと思います。

 

 

今回はSchenkmanらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
Hoehn&Yahrステージ1~3の
パーキンソン病患者さん121名が
参加しました。


Hoehn&Yahrステージというのは
1~5までの5段階あり、症状の
重症度を評価するものです。
”ホー(エ)ン・ヤール”と読みます。


参加された方は
①FBFグループ
→柔軟体操・バランストレーニング
②AEグループ
→トレッドミル・自転車を使った
有酸素トレーニング
③自宅でのトレーニンググループ
→National Parkinson Foundation Fitness
  Countsプログラム

この3つのグループに振り分けられました。

それぞれの効果を検証するために、
①Continuous Scale-Physical

   Functional Performance [CS-PFP]
   (全体的な身体機能)

②Functional Reach Test[FRT]
   (バランス)

③酸素摂取量(歩行効率)

④Unified Parkinson's Disease
   Rating Scale [UPDRS] の
 日常生活動作(ADL)・運動症状
   (パーキンソン病患者さんの症状を
  詳しくみる検査)

⑤PDQ-39(生活の満足度)

以上5つが検査されました。

 

 

その結果は・・・
CS-PFPはFBFグループ、
最大酸素摂取量はAEグループ、
UPDRS-ADLはFBFグループが
改善したと報告しています。


身体機能を改善には・・・
柔軟体操・バランストレーニング

歩行効率を改善には・・・
有酸素トレーニングが有効である
可能性が高いということです。


つまりトレーニングの内容によって
効果の期待できる内容も違うと
いうことです。

 

 

今回、紹介していないのですが、
リハビリの1つである理学療法の効果を
検証した論文があります。
その論文には、どのようなトレーニングを
行うとどのような効果が期待できるのかが
より詳細にまとめられています。
(今度、紹介させていただきますね!)

 

 

狙いたい効果に合わせてトレーニング
方法も変えなくてはならないという
ことですね!

 

 

本コラムでは、
軽度・中等度のパーキンソン病患者さんの
トレーニングの効果を解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月1日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Schenkman M, Hall DA, Barón AE,
Schwartz RS,Mettler P, Kohrt WM.
Exercise for people in early- or
mid-stage Parkinson disease:
a 16-month randomized controlled trial.
Phys Ther. 2012 Nov;92(11):1395-410.
doi: 10.2522/ptj.20110472. Epub 2012 Jul 19.
PMID: 22822237; PMCID: PMC3488266.

 

 

 

 

2022-09-30 16:15:00

パーキンソン病の重症度と移動能力との関係性

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
重症度と移動能力との関係性を
解説したいと思います。

 

 

今回はMollàらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
重症度の分類としてHoehn&Yahrステージ、
移動能力が検査され、スマートフォンに
搭載したセンサーが腰に装着されました。


Hoehn&Yahrステージというのは
1~5までの5段階あり、症状の
重症度を評価するものです。
改良された修正版も開発されています。
ちなみに”ホー(エ)ン・ヤール”と
読みます。
この研究ではステージ1~3の患者さんが
参加しています。


この研究での移動能力は
①腕は体の横につけ、30 秒間静止。
②音が鳴ったらで 3 m 離れた椅子に向かって、
 できるだけ速く真っ直ぐ歩く。
向きを変えてイスに座る。
④イスから立ち上がる
⑤できるだけ速くスタート地点まで戻る。
この①~⑤の手順を行い測定されました。


このときには
①姿勢制御(バランスのとり方)
②座ったとき・立ち上がるときの力
③時間(所要時間・反応時間)が
センサーで観測されました

 

 

その結果は・・・
重症度によって、バランスのとり方、
座ったとき・立ち上がるの力、
所要時間・反応時間に違いがあるという
ことがわかりました。

 

 

Hoehn&Yahrステージは
重症度をみるものと紹介しました。
ただパーキンソン病の症状は
多岐にわたります。


重症度を分類するだけでは、
現在どのような状態なのかわかりませんし、
どのようなリハビリが効果である
可能性があるのかについてもわかりません。

 

 

今回、ご紹介した研究のような事柄を
知ることで、リハビリの戦略がガラッと
変わるのかなと思っています。

 

本コラムでは
パーキンソン病患者さんの重症度と
移動能力との関係性を解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年9月30日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Mollà-Casanova S, Pedrero-Sánchez J,
Inglés M, López-Pascual J, Muñoz-Gómez E,
Aguilar-Rodríguez M,
Sempere-Rubio N, Serra-Añó P. Impact of
Parkinson's Disease on Functional Mobility
at Different Stages.
Front Aging Neurosci. 2022 Jun
15;14:935841. doi:

 

 

 

 

1 2 3 4
2022.12.06 Tuesday