歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-07-23 17:37:00

変形性膝関節症の患者さんは股関節の筋力トレーニングも大切!

 

脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは変形性膝関節症の患者さんの
股関節の筋力トレーニングの重要性を
解説していきたいと思います。

 

 

股関節まわりには数多くの筋肉があります。
今回は股関節を外転させる筋肉の
トレーニングに
焦点を当てたいと思います。


股関節の外転(がいてん)とは脚を外側に
開く動きで、主に骨盤や大腿骨の外側の
筋肉が働きます。


股関節外転に関わる筋肉を鍛えると
どのような効果が期待できるのか?


その疑問に答えた
Thomas らの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
股関節外転筋の筋力トレーニングを行う
前後で
、痛みやWOMACの点数の変化を
みることで効果を検証しています。


WOMACとは・・・
世界的にも行われている検査で、
痛みやこわばり、日常生活の困難さなど
膝関節の状態を点数で表すことができます。

 

 

結果は・・・
股関節外転の筋力トレーニングを行うと
痛みやWOMACの点数を減らす効果が
ある
ことが
わかりました。


WOMACの点数が減らせたということは、
痛みやこわばり、日常生活の困難さなど
膝関節の状態を改善できる効果があった
ということです。

 

 

ただ・・・
WOMACの点数が減ったのは、
・痛み
・こわばり
・日常生活の困難さ
この3つのどれが改善したためなのか、
または全てが改善したためなのか
不明な点が気になるところです。


痛みが和らいだという結果もありますので
もしかしたらその影響がWOMACの
点数を下げることにつながったのかも
しれません。

 

 

股関節外転筋のトレーニングは、
自主トレーニングでも行える方法が
あります。


膝関節の状態によってもトレーニングの
方法が変わりますので、現在リハビリに
通われている方でしたら担当の方に
ご相談いただくのも良いかも知れません。

 

 

本コラムでは変形性膝関節症の患者さんが
股関節外転の筋力トレーニングを行うと
どのような効果があるのかを解説しました。

 

 

皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年7月23日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)
Thomas DT, R S, Prabhakar AJ,
Dineshbhai PV,Eapen C.
Hip abductor strengthening in patients diagnosed
with knee osteoarthritis - a systematic review
and meta-analysis.
BMC Musculoskelet Disord. 2022Jun 29;23(1):
622. doi: 10.1186/s12891-022-05557-6.
PMID: 35768802; PMCID: PMC9241212.

 

 

 

 

2022-03-18 10:44:00

変形性膝関節症の患者さんにはテーピングが効果的?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

今回のコラムは変形性膝関節症の
患者さんのテーピングの効果についてを
解説したいと思います。

 

 

テーピングに使うテープを
ドラッグストアや通販などで
見たことや買ったことのある方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

使ったことがない方でも、
スポーツ選手がテープを膝のまわりに
グルグルと巻いているのを見たことが
ある方はいらっしゃるかと思います。

あれがテーピングです!

 

 

スポーツでも使われているテーピング。
変形性膝関節症の患者さんにも
テーピングは効果があるのでしょうか?

この疑問に答えたMAOらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
変形性膝関節症の患者さんや
膝を手術された患者さんが
対象となりました。

テーピングの効果を検証するため、
痛み、ひざの筋力、階段の昇り降り、
歩行能力、関節の可動域などに
どのような影響があるのかを
検討しています。

 

 

結果は・・・
テーピングは変形性膝関節症の
患者さんの痛みや筋力を改善する効果が
あるということがわかりました。

 

 

テーピングを貼る場所は、
テーピングを効果的にするために
とても重要なことだと思います。

整形外科やクリニックに通院されている
方でしたら、担当スタッフに
ご相談いただくのも良いかも知れません。

 

 

今回は変形性膝関節症の患者さんの
テーピングの効果を解説しました。

 

 

今回のコラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら嬉しいです。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年6月16日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1) Mao HY, Hu MT, Yen YY, Lan SJ, Lee SD.
Kinesio Taping Relieves Pain and Improves
IsokineticNot Isometric Muscle Strength in Patients
with Knee OsteoarthritisA Systematic Review
and Meta-Analysis.Int J Environ Res Public Health.
10 04 2021;18(19)doi:10.3390/ijerph181910440

 

 

 

 

2022-03-12 10:55:00

変形性股関節症の患者さんが行う運動の効果とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本日は変形性股関節の患者さんが
行う運動の効果を解説したいと
思います。

 

 

変形性股関節症は股関節に痛みが生じ、
進行すると骨切り術や人工股関節置換術
などの手術をしなくてはならない場合も
あります。

 

 

私が病院に勤めていた頃、変形性股関節症が
進行し手術された方を担当していました。


診断されてからの経過年数が長い方が多く、
当時は
その経過を踏まえつつ、
リハビリの内容を考えていました。

 

 

では変形性股関節の患者さんが行う
運動にはどのような効果が
あるのでしょうか?



この疑問に答えたFransenらの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この研究での運動とは関節可動域運動、
筋力トレーニング、有酸素運動などの
ことです。


・痛みの強さ
・日常生活の困難さ
・生活の質(生活の満足度)
などの運動前後での変化をみることで
運動の効果を調査しています。

 

 

結果は・・・
運動を行うと痛みや日常生活の
困難さは、運動直後から改善がみられ、
その効果は3ヶ月~6ヶ月は持続する
ということがわかりました。

 

 

実際に運動を行う時には、
お体の状態、目標やご希望を踏まえ、
どのような運動をどのぐらいを
行うのかを吟味することが大切です!


変形性股関節症は進行の度合いが
関係しますので、運動のみでは
なかなか効果が得られないことも
あるかも知れません。


クリニックや病院などに通院されて
いる方でしたら、担当スタッフに
相談するのも良いかも知れません。

 

 

本コラムでは変形性股関節症の患者さんが
行う運動の効果を解説しました。

 

 

皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月25日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

 参考文献

1) Fransen M, McConnell S,
Hernandez-Molina G,Reichenbach S.
Exercise for osteoarthritis of the hip.
Cochrane Database Syst Rev. 2014 Apr 22;(4):
CD007912. doi: 10.1002/14651858.
CD007912.pub2.
PMID: 24756895.

 

 

 

 

2022-03-11 14:19:00

必見!膝を手術した後のリハビリ!運動イメージ練習とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)
代表の
市川です。

 

 

今回は、人工膝関節置換術(TKA)と
呼ばれる膝の手術を行った後の
リハビリを解説していきたいと
思います!

 

 

私が病院で働いていた時には。
膝を手術された患者さんの
リハビリも担当することがありました。

関節・筋肉・皮膚など
固くならないようにするために
必死でした。

膝を手術された後のリハビリは、
医師と相談しながら筋力トレーニングや
歩く練習など行います。

 

 

今回、紹介するリハビリは
運動イメージ練習という方法です。

初めてお聞きになった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

運動イメージ練習とは・・・
実際には運動せずに、運動していることを
頭の中で
想像する方法です。

 

 

膝を手術した後の患者さんに
運動イメージ練習を行うと
どのような効果があるのか?

今回は、その疑問に答えたLi らの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この論文では・・・
①通常リハビリ+運動イメージ練習あり
②通常リハビリ+運動イメージ練習なし
の2つのグループに分けて、
運動イメージ練習の効果を検証しています。

 

 

結果は・・・
運動イメージ練習を行ったグループは

運動イメージ練習を行わなかった
グループに比べ、筋力向上や痛みの軽減、
歩行能力が
向上するということが
わかりました。

 

 

運動イメージ練習の良いところは、
場所を選ばず、自主トレーニング
(自主リハビリ)として行いやすいことです。

欠点は、運動をきちんと
イメージするには
コツが必要なことです。

 

 

現在、病院でリハビリをされており、
運動イメージ練習に興味を持たれた方は、
適応も含めてリハビリの担当者に
ご相談するのも良いかも知れません!

 

 

今回は膝を手術された後の
リハビリの1つ、
運動イメージ練習に
ついて解説しました。

本コラムが少しでも皆様の何かの
お役に立てましたら嬉しく思います。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年6月3日)
(執筆者:市川 貴章)

 

 

参考文献

1)Li R, Du J, Yang K, Wang X,Wang W.
Effectiveness of motor imageryforimproving
functional performanceaftertotal knee arthroplasty:
a systematic reviewwith meta-analysis.
J Orthop Surg Res. Feb 022022;17(1):65.
doi:10.1186/s13018-022-02946-4


 

 

 

 

2022-03-07 10:58:00

変形性膝関節症の方、必見!膝の痛みに電気刺激は効果があるのか?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本日のテーマは変形性膝関節症の痛みに
対する電気刺激療法を解説したいと
思います!

 

 

変形性膝関節症について、
TV番組やコマーシャルで
ご覧になった方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか??

 

 

変形性膝関節症の症状は
主に膝の痛みや膝関節の変形が
あります。

 

 

海外の研究ですが、世界中で成人の
約25%つまり4人に1人は
変形性膝関節症の症状に
悩まされているとも言われています。
そうやって聞くと思ったよりも
多いですよね。

 

 

実際に、変形性膝関節症と診断され
整形外科や整骨院などで治療や
リハビリを行っている方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

 

様々な治療法・リハビリがある中で、
電気での治療を行っている方も
いらっしゃるかと思います。

 

 

変形性膝関節症の痛みには、
電気刺激療法は効果があるのでしょうか。
(疑念ではなく、実際にリハビリを
行っていく中での私の疑問です。)

 

 

まずRutjesらの研究を
紹介したいと思います。

 

 

この研究での電気刺激とは・・・
TENS(テンス)と呼ばれる痛みを
とるために行う電気刺激の指します。

 

 

その研究では・・・
変形性膝関節症の痛みには
電気刺激療法は効果的であることが
わかりました。

 

 

Rutjesらの研究の6年後、Zengらが
変形性膝関節症の痛みに電気刺激療法は
効果があるのか再び検証
しています。

 

 

この研究では、低周波、干渉波など
様々な電気刺激を種類に分けて、
痛みに対する効果をみています。

※干渉波とは・・・
2種類の電気を同時に流し電気刺激の
不快感を減らす刺激の方法で、
痛みの緩和で使用されます。

 

 

この研究では・・・
干渉波が痛みの緩和には
効果的であるということが
わかりました。

 

 

以上をまとめると・・・
変形性膝関節症の痛みに
電気刺激は効果があるかも知れない。
その電気刺激は干渉波がより
効果的かも知れないということです。

 

 

他のリハビリメニューでも
同じことが言えるのですが、
同じ変形性膝関節症であっても
課題は様々です。

 

 

例えば・・・
筋力が弱いのか、
痛みが強いのか、
関節の動きが滑らかでないのか
などなどです。
課題によってリハビリの
メニューも変わります。

 

 

数多くの論文を読み、吟味することも
大切で、一つの論文を読むだけでは
このリハビリメニューが良いと
判断できないこともあるんです。

 

 

電気刺激も同じで、電気の強さ・
流す場所・電気の種類などを十分に
吟味し行う必要があります!

 

 

本コラムでは変形性膝関節症の痛みに
対する電気刺激療法を解説しました。

 

 

皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年5月28日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Carmona-Terés V, Lumillo-Gutiérrez I,
Jodar-Fernández L atal.
Effectiveness and cost-effectiveness of a
health coaching intervention to improve
the lifestyle of patients with knee osteoarthritis:
cluster randomized clinical trial.
BMC Musculoskelet Disord. 2015 Feb 25;
16:38. doi: 10.1186/s12891-015-0501-x.
PMID: 25887078; PMCID: PMC4344994.

2)Rutjes AW, Nüesch E, Sterchi R, et al.
Transcutaneous electrostimulation for
osteoarthritisof the knee. 
Cochrane DatabaseSyst Rev.
Oct 07 2009;(4):CD002823. doi:10.1002/
14651858.CD002823.pub2

 3)Zeng C, Li H, Yang T, Deng ZH, Yang Y,at al.
Electrical stimulation for pain relief in
knee osteoarthritis: systematic review and
network meta-analysis. Osteoarthritis Cartilage.
2015 Feb;23(2):189-202. doi: 10.1016/j.
joca.2014.11.014. Epub 2014 Nov 26.
PMID: 25497083.

 

 

 

 

1 2
2022.12.06 Tuesday