歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

”歩行専門”の自費リハビリ施設 「アルコネクト」

~維持ではなく改善を目指すリハビリを追求~

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日 ・ 日曜日
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2023-12-02 13:26:00

パーキンソン病の患者さんが転倒する原因とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムではパーキンソン病の患者さんが
転倒する原因を解説したいと思います。

 

 

パーキンソン病患者さんが転倒する原因


パーキンソン病患者さんの実に60%が
転倒すると言われており、骨折してしまう
場合もあります。


では、転倒はどのような原因で
起きやすいのでしょうか。


今回はMurueta-Goyenaらの研究を
紹介したいと思います。

 

 

Murueta-Goyenaらの論文では・・・

システマティックレビューと言われる種類の論文です。
似たような論文を集めて、解釈したものです。


その結果・・・
転倒歴(転倒したことがある)や歩行能力や
バランス能力の低下があると、転倒する可能性が
高まるのではないかと報告しています。

 

 

論文を読んでみて・・・
転倒を予測するだけでなく、その対応策を
考えなくてはならないなと感じました。


例えば、手すりの設置・段差の解消などの
環境面の整備、また転倒を予防するための
運動を行ったりなどの対策が挙げられます。
また生活を見据えた対応も必要になるのかなと
考えています。

 

 

本コラムではパーキンソン病の患者さんが
転倒する原因を解説しました。


本コラムが少しでも皆さまの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年12月2日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Murueta-Goyena A, Muiño O, Gómez-Esteban JC.
Prognostic factors for falls in Parkinson's disease:
a systematic review. Acta Neurol Belg. 2023
Nov 28. doi: 10.1007/s13760-023-02428-2.
Epub ahead of print. PMID: 38015306.

 

 

 

 

2024.02.24 Saturday