歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

”歩行専門”の自費リハビリ施設 「アルコネクト」

~維持ではなく改善を目指すリハビリを追求~

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日 ・ 日曜日
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2023-11-24 14:40:00

慢性的な腰痛に対するコルセットの効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは、腰痛に対する
コルセットの効果を解説したいと
思います。


コルセットは腰痛の保存的な治療として
使われることがあります。


脊椎の手術や骨折の場合は、
その場所を保護するためにコルセットが
処方されることがあります。

処方された場合は、医師の指示に
基づいて外す・外さないの判断が
なされます。


今回はSatoらの論文を紹介します!

 

 

Satoらの研究では・・・

慢性的な(3ヶ月以上)続く患者さんの
コルセットの効果を検証しています。


もっと詳しく・・・
感染症、⾻粗鬆症、悪性腫瘍の⾻転移などに
よる腰痛や神経障害が認められた方の場合は
研究に参加しておりません。


①コルセットを着用するグループ
②コルセットを着用しないグループ


この2つのグループに分けられて
効果が検討されました。


その結果・・・
①コルセットを着用したグループには
 着用1ヶ月後に腰痛の重症度の
 改善がみられた。


②脊柱起立筋などの筋疲労に関しては、
 コルセット着用してもしない場合でも
 差があるとは言えなかったとしています。

 

 

腰痛は様々な要因で生じますが、
場合によってはコルセットが効果的とも
言えそうです。


私が新人の頃は、コルセットを着用すると
筋肉が衰えてしまうと言われていました。


しかし・・・
Satoらの研究では、筋持久力が大きく
変わらなかった点が興味深いなと
感じました。


腰痛だからコルセットではなく、
リハビリ専門職は、腰痛の症状・
症状に基づいてリハビリの内容を
変える必要があるなと考えます。
(診断はできませんが・・・)


※また冒頭でもお話しましたが、
手術後や骨折後はコルセットが
必要な場合があります。

 

 

本コラムでは、慢性的な腰痛に対する
コルセットの効果を解説しました。



本コラムが少しでも皆さまの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年11月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Sato N, Sekiguchi M, Kikuchi S, Shishido H,
Sato K,Konno S.
Effects of long-term corset wearing on
chronic low back pain. Fukushima J Med Sci.
2012;58(1):60-5. doi: 10.5387/fms.58.60.
PMID: 22790893.

 

 

 

 

2024.02.24 Saturday