歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-09-23 16:55:00

パーキンソン病患者さんの脊椎変形と歩行能力の関係とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病
患者さんの脊椎変形と歩行能力の
関係についてを解説していきたいと
思います。

 

 

そこで今回はNakamuraらの論文を
紹介したいと思います。

  

 

この研究では・・・
Hoehn-Yahr stageⅠ~Ⅳの
パーキンソン病患者さん32名が
参加しています。


参加された患者さんは、
脊柱側弯の程度(角度)、胸椎後弯、
胸腰椎後弯、
腰椎後弯の角度、大腿骨の
骨密度が計測されました。


パーキンソン病の運動症状には
 Unified Parkinson's Disease Rating Scale
(UPDRS)パートⅢ、歩行能力は
 
Timed Up and Go Test(TUG)が
検査されました。

 

 

脊椎(背骨)は頸椎・胸椎・腰椎の
3つのパートで構成されています。
頸椎は前方、胸椎は後方、腰椎は
前方に彎曲(わんきょく)していて、
横からみるとちょうどS字カーブに
なっています。


余談にはなりますが、このS字カーブに
よって背骨にかかる負担を減らしている
とも言われています。


側弯は背骨が左右に彎曲している
状態です。

 

 

UPDRSはパーキンソン病の症状を
とらえるために開発された検査です。
運動症状だけでなく精神面や
日常生活などの影響もみることができます。


最近ではMDS-UPDRSという改良版も
開発されています。

 

 

TUGというのは、
①椅子から立ち上がる
②歩いて3m先のコーンを回る
③椅子に座る


この①~③にかかる時間を
計測し歩行能力をみる検査です。

 

 

研究の結果・・・
歩行能力(TUG)は運動症状や腰椎前弯、
骨密度が関連していることがわかりました。

 

 

この結果をみると、リハビリ専門職のみ
ならず医師や看護師などの他職種の
連携が大切なことがわかります。

 

 

リハビリでは腰椎の柔軟性・運動を
引き出すことがポイントになるのかなと
思います。


さらに歩行練習を行うことで運動症状の
改善の可能性が示唆された研究も
報告されています。


>>パーキンソン病の患者さんが行う
歩行練習の効果とは?

 

 

本コラムでは
パーキンソン病患者さんの
脊椎変形と歩行能力の関係を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年9月23日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Nakamura Y, Machida Y, Hanawa H,
Kanai M, Asano S.
Analysis of Relationships between Spinal Deformity
and Walking Ability in Parkinson's Disease Patients.
Spine Surg Relat Res.
2019 Feb 28;3(4):348-353.
doi: 10.22603/ssrr.2018-0046.
PMID: 31768455; PMCID: PMC6834471.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday