歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端にある歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血) ・脊柱管狭窄症

パーキンソン病・ひざの痛み・腰痛など幅広く対応

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2023-01-24 16:22:00

パーキンソン病患者さんの二重課題中の姿勢安定性

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
二重課題での姿勢安定性を解説したいと
思います。

 

 

今回はMorenillaらの報告を
紹介したいと思います!

 

 

この研究では、
パーキンソン病の患者さんと
パーキンソン病ではない方が
参加しています。


さらに・・・
Ⓐシングルタスク①
(立つ+目を開ける)


Ⓑシングルタスク②
(立つ+目を閉じる)

Ⓒデュアルタスク①
(立つ+目を開ける+認知課題)

Ⓓデュアルタスク①
(立つ+目を閉じる+認知課題)


Ⓐ〜Ⓓのグループに分けられ、
姿勢の安定性が調査されました。

※デュアルタスク(二重課題)とは?
運動課題と認知課題を一緒に行うことです。
例えば、計算を行いながら歩くのも、
デュアルタスク(二重課題)です。



※認知課題とは?
イヤホンで話しを聞き、あらかじめ
決めておいた単語がいくつ出てくるのか
覚えておき答える課題です。

 

 

その結果・・・

パーキンソン病の患者さんは
(パーキンソン病ではない方に比べて)
姿勢の動揺が大きいことがわかりました。


さらに、
パーキンソン病ではない方は、
(立つ+目を閉じる+認知課題)で
認知課題の正答率が下がったのに対し、


パーキンソン病の患者さんは、
(立つ+目を開ける+認知課題)で
認知課題の正答率が下がることが
わかりました。


つまり、パーキンソン病の患者さんは
課題を行っているときは、姿勢の安定を
保つことを優先にしていると言えます。

 

 

課題を行っているときと行わないときの
姿勢の変化を観察したり、その動揺を
確認することも必要なのかも知れません。


リハビリの戦略自体も変えなくては
ならないのかなと感じています。

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
二重課題中での姿勢安定性を解説しました。


本コラムが少しでも皆さまの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2023年1月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1) Morenilla L, Márquez G, Sánchez JA, Bello O,
López-Alonso V, Fernández-Lago H,
Fernández-Del-Olmo MÁ.
Postural Stability and Cognitive Performanceof
Subjects With Parkinson's Disease During
a Dual-Task in an Upright Stance.
Front Psychol. 2020 Jul 29;11:1256.
doi: 10.3389/fpsyg.2020.01256.
PMID: 32903649; PMCID: PMC7438725.

 

 

 

 

2023.06.02 Friday