歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端にある歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症

パーキンソン病・ひざの痛み・腰痛に対応

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-11-28 15:54:00

脳卒中患者さんの歩行~マヒ側の推進力を向上するためには~

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
歩行におけるマヒ側の推進力について
解説したいと思います。

 

 

Awadらによれば、歩行距離はマヒ側の
推進力と股関節を後ろに伸ばす
角度(TLA)によって予測されると
言われています。


そして歩行中の推進力はTLAが
影響することがHsiaoらによって
明らかにされています。


つまり・・・歩行中の推進力を
得るためには股関節をいかにして
伸展(後ろに伸ばす)を行えるかが
キーになりそうです。

 

 

Lewekらは脳卒中患者さんにトレッドミル上
(ランニングマシン)で歩いていただき、
その際、弾性バンドを用いて後方へ引く力
(抵抗力)を与えました。


その結果・・・
マヒ側・非マヒ側ともに推進力が
向上した(特にマヒ側)とされ、
Hsiaoらの研究同様にTLAが推進力と
関係があることがわかりました。


さらには後方へ引く力(抵抗力)を除いても
推進力は向上したままであったことも
わかっています。

 

 

Lewekらはトレーニングとして用いては
いませんが、歩行速度や歩行距離と
関係のある推進力を向上させるための
戦略として活用できそうです。


ただし・・・
マヒ側の運動機能、関節や筋肉の柔軟性、
筋シナジー、荷重量などの影響を踏まえた
上でTLAを構築するための戦略を
考えた方が良いかなと思いました。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
歩行におけるマヒ側の推進力について
解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年11月28日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Awad LN, Binder-Macleod SA, Pohlig RT,
Reisman DS. Paretic Propulsion and Trailing Limb
AngleAre Key Determinants of Long-Distance
Walking Function After Stroke.
Neurorehabil Neural Repair. 2015
Jul;29(6):499-508.
doi: 10.1177/1545968314554625.
Epub 2014 Nov 10.
PMID: 25385764; PMCID: PMC4426250.

2)Hsiao H, Knarr BA, Higginson JS,

Binder-Macleod SA. The relative contribution
of ankle moment and trailing limb angle to
propulsive force during gait. Hum Mov Sci.
2015 Feb;39:212-21. doi: 10.1016/j.
humov.2014.11.008. Epub 2014 Dec 12.
PMID: 25498289; PMCID: PMC4272868.

3)Hsiao H, Knarr BA, Higginson JS,
Binder-Macleod SA.
Mechanisms to increase propulsive force for
individuals poststroke. J Neuroeng Rehabil.
2015 Apr 18;12:40. doi: 10.1186/s12984-
015-0030-8. PMID: 25898145;
PMCID: PMC4406180.

4)Lewek MD, Raiti C, Doty A.
The Presence of a Paretic Propulsion
Reserve During Gait in Individuals
Following Stroke. Neurorehabil Neural Repair.
2018 Dec;32(12):1011-1019.
doi: 10.1177/1545968318809920.
PMID: 30558525; PMCID: PMC6300055.

 

 

 

 

2023.02.07 Tuesday