歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-11-11 13:50:00

脳卒中患者さんの脚の運動機能に関係する脳の部位

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんの
脚の運動機能に関係する
脳の部位を
解説したいと思います。

  

 

今回はFrenkel-Toledoらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
脳卒中発症後1年以上経過し、
歩行は見守りもしくは自立している
患者さん67
名が参加しました。


そして脳画像マヒ側の脚の運動機能、
歩行能力との関係が調査されました。


歩行能力とは・・・
この研究では歩行速度を歩行能力と
定義しています。


脳卒中の発症部位が左側の場合をLHD、
右側の場合をRHDとしています。


脚の運動機能はFugl-Meyer
 assessment、
歩行能力は3m歩行で評価されました。


Fugl-Meyer assessment(FMA)は
マヒの状態を詳しくみる検査
です。
今回は脚の運動機能(合計34点)のみを
調べていますが、腕や手の運動機能の
検査もあります。


3m歩行では歩行時間を計測し、
歩行速度を算出し評価しています。

 

 

その結果(一部です)・・・
【脳卒中の部位が左側(LHD)】
脚の運動機能は内包後脚、
歩行能力には内包後脚・放線冠・外包・
尾状核が関係することがわかりました。

【脳卒中の部位が右側(RHD)】
脚の運動機能は放線冠・上縦束・島皮質、
歩行能力には放線冠・上縦束・島皮質に
加えて被殻・視床・内包・外包・
シルビウス溝周辺の皮質が関係することが
わかりました。


※脳の詳しい部位は別の機会に
 まとめたいなと考えています。

 

 

まとめると・・・
脚の運動に関わる神経の通り道や
その調整に関わる部位が運動機能や
歩行能力に影響すると言えそうです。

 

 

脳画像を基に症状を推測しつつ、
詳しくリハビリの検査を行うことで
運動を妨げている理由を紐解くことが
大切だと思っています。

 

 

本コラムでは、脳卒中患者さんの
脚の運動機能に関係する脳の部位を
解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年11月11日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Frenkel-Toledo S, Ofir-Geva S,
Mansano L, Granot O, Soroker N.
Stroke Lesion Impact on Lower Limb Function.
Front Hum Neurosci. 2021 Feb 1;15:592975.
doi: 10.3389/fnhum.2021.592975.
PMID: 33597852; PMCID: PMC7882502.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday