歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-11-09 09:00:00

脳卒中患者さんのバランスと歩行に関係する脳の部位

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんの
バランス能力や歩行能力に関係する
脳の部位を
解説したいと思います。

  

 

今回はHandelzaltsらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
脳卒中発症後3ヶ月未満の患者さん
46名が参加しました。


2分以上立っていることができ、
歩行は見守りもしくは自立している
患者さんでした。


そして脳画像と転倒閾値、バランス能力、
マヒ側の脚の運動機能、歩行距離との
関係が調査されました。


転倒閾値とは・・・
反射性バランス能力と定義しています。
急にバランスを崩したときにどのぐらい
バランスの復帰ができるのかを
評価したものです。

 

 

その結果・・・
皮質脊髄路に沿った被殻や白質(神経線維)が
関係することがわかりました。


皮質脊髄路は運動に関わる神経の道、
被殻は運動の調整に関わる部位です。


さらに・・・
【病変が右側の場合】
転倒閾値・バランス能力・マヒ側の
脚の運動機能は内包後脚や上放線冠が
関係していることがわかりました。


内包後脚とは、先程の皮質脊髄路や
感覚に関わる神経線維の通り道です。


【病変が左側の場合】
転倒閾値・歩行距離・マヒ側の
脚の運動機能は被殻や外包に関係する
ことがわかりました。

 

 

私の経験からも脳卒中患者さんの
症状は人ぞれぞれで違いがあります。



そのため、脳画像を参照にしながら、
リハビリの検査で詳しい身体の
様子をみることが大切だと
感じています。


例えば・・・
一口に”バランス”と言っても
バランスを保つためには様々な
戦略を用いています。


Horakらは・・・
・生体力学的制約
・安定限界/垂直性
・予測姿勢調整
・姿勢反応
・感覚的方向性
・歩行の安定性


この6つを基礎としてバランスが
成り立っていると説明しています。


1つの考え方でありますが、この6つの
どれがバランス機能に影響しているのか
詳しく検査し、その結果に応じた
リハビリが必要だと思っています。

 

 

本コラムでは、脳卒中患者さんの
バランスと歩行に関係する脳の部位を
解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年11月9日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Handelzalts S, Melzer I, Soroker N.
Analysis of Brain Lesion Impact on
Balance and Gait Following Stroke.
Front Hum Neurosci. 2019 May 14;13:149.
doi: 10.3389/fnhum.2019.00149.
PMID: 31139067; PMCID: PMC6527742.

2)Horak FB, Wrisley DM, Frank J.
The Balance Evaluation Systems Test (BESTest) to
differentiate balance deficits.
Phys Ther. 2009 May;89(5):484-98.
doi: 10.2522/ptj.20080071.
Epub 2009 Mar 27.
PMID: 19329772; PMCID: PMC2676433.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday