歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-11-05 09:00:00

慢性期脳卒中患者さんの歩行能力と膝伸展筋力の関係性

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんの
歩行能力と膝伸展筋力との関係性を
解説したいと思います。


膝伸展筋力というのは、膝を
伸ばす力のことです。

  

 

今回はWangらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
地域で独立して歩行ができる慢性期の
脳卒中患者さん35名が参加しました。


そして・・・
歩行速度、持久力、膝伸展筋力との
関係性が調査されました。

 

 

その結果・・・
【歩行速度】
歩行速度はマヒ側の膝伸展筋力によって
約49%が説明できることがわかりました。
(自由度調整済決定係数=0.497)

【持久力(VO2peak)】
持久力は非マヒ側の膝伸展筋力と
約42%が説明できることがわかりました。
(自由度調整済決定係数=0.422)

非麻痺側:マヒされていない側

 

 

自由度調整済決定係数とは・・・
(回帰式の)予測精度のことです。
0~1の範囲で表され、1に近づくほどに
(回帰式の)精度が高いと判断されます。


また0.5よりも大きいと絶対的な基準では
ありませんが、予測精度が高いと
判断されるものです。


つまり・・・
膝伸展筋力は歩行能力に関係があると
言えるものの、それだけでなく他の
検査を踏まえて判断した方が良さそうです。

 

 

では膝伸展筋力はどの程度あると
歩行がお一人でできるのでしょうか??


Akasawaらの調査によると・・・
(単位はいずれもN/m/kg)
・マヒ側膝伸展筋力:0.46
・非麻痺側膝伸展筋力:0.65
・左右の合計:1.31
ということがわかっています。


筋力計がある場合はこれらの基準値が
参考になるかもしれません。


研究の参加されている方によって
変化する内容ですので他の研究での
基準値も確かめた方が良さそうです。
(改めて追記したいと思います。)

 

 

本コラムでは、慢性期脳卒中患者さんの
歩行能力と膝伸展筋力の関係性を
解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年11月5日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Wang WT, Huang LT, Chou YH, Wei TS, Lin CC.
Nonparetic knee extensor strength is
the determinant of exercise capacity of
community-dwelling stroke survivors.
ScientificWorldJournal. 2014;2014:769875.
doi: 10.1155/2014/769875. Epub 2014 Aug 14.
PMID: 25197712; PMCID: PMC4150499.

2)Akazawa N, Okawa N, Tamura K, Moriyama H.
Determining the cut-off value forknee extensor
strength for identifying independence
in gait in chronic stroke survivors.
J Rehabil Med. 2017 Nov 21;49(9):765-767.
doi: 10.2340/16501977-2279. PMID: 28949369.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday