歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-29 14:59:00

脳卒中患者さんの転倒回数と関係する要因とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんの
転倒回数と関係する因子を
解説したいと思います。

 

 

今回はAlenazi らの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
発症から3ヶ月以上を経過した
脳卒中患者さん197名が参加し、
うち181名のデ―タをもとに
調査しました。


ちなみに・・・この研究は、
臨床施設と学術研究機関が
行った
臨床試験のデータを活用されています。

 

 

研究期間中に、転倒しなかったグループと
1回以上転倒があったグループに分けられ、
転倒回数にどのような因子(原因)が
影響しているのか分析されました。

 

 

その結果・・・
転倒したグループと転倒しなかった
グループを比較した場合、
・6分間歩行(歩行距離)
・PHQ-9(うつ病スコア)
・Functional Reach Test:FRT
 (バランス能力)
この3つに有意な差がありました。


そして・・・
服薬数が多いほど、
うつ病スコアが高いほど、
FRTの距離が短いほど
転倒回数の増加と関係することが
わかりました。


さらに・・・
カットオフ(基準値)は、
・服薬数は8.6個
・PHQ-9は2.5点
・FRTは18.15cm
ということもわかりました。


※このカットオフ値の判断には
感度・特異度という検査が正確に
判定できるのかの指標も大切です。

 

 

転倒の要因は様々です。
今回の研究のような調査は
どのような方が転倒しやすいのかを
知ることにつながり、その対策も
立てやすくなります!

 

 

本コラムでは、
脳卒中患者さんの転倒回数と
関係する因子についてを解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月29日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Alenazi AM, Alshehri MM, Alothman S, Rucker J,
Dunning K, D'Silva LJ, Kluding PM.
Functional Reach, Depression Scores,
and Number of Medications Are Associated With
Number of Falls in People With Chronic Stroke.
PM R. 2018 Aug;10(8):806-816. doi: 10.1016/
j.pmrj.2017.12.005. Epub 2017 Dec 26.
PMID: 29288141; PMCID: PMC7200172.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday