歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

”歩行専門”の自費リハビリ施設 「アルコネクト」

~維持ではなく改善を目指すリハビリを追求~

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日 ・ 日曜日
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-25 17:23:00

脳卒中の患者さんの屋外歩行練習の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんの
屋外歩行練習の効果を解説したいと
思います。

 

 

今回はKimらの論文を
紹介したいと思います!

 

 

この研究では・・・
発症後6ヶ月以上を経過した
脳卒中患者さん26名が参加しました。

さらに、
①標準的なリハビリ+屋外歩行練習

②標準的なリハビリのみ

この2つのグループに分けられました。


※標準的なリハビリとは?
・理学療法を30分/日×週5回×4週間
 (体幹や脚のリハビリ)

・作業療法を
30分/日×週5回×4週間
 (手や肩のリハビリ)

※屋外歩行練習とは?
・30分/日×週5回×4週間
1週間ごとに歩行練習を行う場所を
変更しています。

 

 

その結果・・・
屋外歩行練習を行ったグループは
(行わないグループに比べて
)
歩行速度や歩行距離、そして
社会参加スコアの改善が得られたと
報告しています。

 

 

【私が気になる点】

1つ目
トレーニング方法による効果量
(効果の大きさ)の違いが
どの程度あるのか気になります。


2
つ目
屋外歩行練習を行ったグループは、
30分多くリハビリを行っている点です。
もしかしたら屋外という環境要因以外にも
歩行量が影響している可能性があります。

 

 

屋外歩行は通行者とのすれ違い・坂道など
屋内ではあまり経験できないことを
練習することができます。


私の経験からも屋外歩行練習を続けて
行うことで、屋外を一人で歩けるように
なった方、自信がつき職場まで
歩けるようになった方もいらっしゃいます。


室内だけでなく屋外での歩行練習も
重要と経験的に感じています。

 

 

本コラムでは、
脳卒中患者さんが行う
屋外歩行練習の効果を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2022年10月25日)
(更新日:2023年12月4日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Kim M, Cho K, Lee W. Community walking
training program improves walking function
and social participation in chronic stroke patients.
Tohoku J Exp Med. 2014 Dec;234(4):281-6.
doi: 10.1620/tjem.234.281. PMID: 25483170.

 

 

 

 

2024.04.19 Friday