歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-25 17:23:00

脳卒中の患者さんが行う屋外歩行練習の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんが
コミュニティーウォーキングプログラム
(屋外歩行練習)を行うとどのような効果が
あるのかを解説したいと思います。

 

 

今回はKimらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
発症から6ヶ月以上を経過した
脳卒中患者さん26名が参加しました。


そして・・・
①標準的なリハビリ+屋外歩行練習
②標準的なリハビリのみ
この2つのグループに分けられました。


標準的なリハビリとは・・・
・理学療法を30分/日・週5回・4週間
 (体幹や脚のリハビリ)

・作業療法を
30分/日・週5回・4週間
 (手や肩のリハビリ)

屋外歩行練習は・・・
・30分/日・週5回・4週間
1週ごとに歩く場所や範囲を変更しました。

 

 

その結果・・・
屋外歩行練習を行ったグループは
(行わないグループに比べて
)
歩行速度や歩行距離、そして
社会参加のスコアが優位な改善を
示したことがわかりました。

 

 

この論文を読み、実際に現場で応用していく
ときに注意が必要だなと感じた点を
紹介したいと思います。


1つ目は・・・
研究に参加されたのは元々
0.8m/秒の速さで歩くことができた
患者さんに限定されている点です。


2つ目は・・・
トレーニング方法による効果量(効果の大きさ)の
違いがどの程度あるのか気になるところです。


3つ目は・・・
屋外歩行練習を行ったグループは、
30分多くリハビリを行っているため
その点にも注意が必要かなと思います。

 

 

屋外歩行は通行者とのすれ違い・坂道など
屋内ではあまり経験できないことが
練習することができます。


私の経験からも屋外歩行練習を続けて
行うことで、屋外をお一人で歩けるように
なった方、自信がもてお一人で職場まで
歩いていかれるようになった方も
いらっしゃいます。


その経験からも屋外歩行練習は
とても大切だなと感じています。

 

 

本コラムでは、
脳卒中患者さんが行う
屋外歩行練習の効果を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月25日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Kim M, Cho K, Lee W. Community walking
training program improves walking function
and social participation in chronic stroke patients.
Tohoku J Exp Med. 2014 Dec;234(4):281-6.
doi: 10.1620/tjem.234.281. PMID: 25483170.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday