歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-24 14:27:00

パーキンソン病患者さんに対するガイドラインに基づく理学療法の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんに
対するガイドラインに基づく理学療法の
効果を解説したいと思います。


リハビリには”理学療法””作業療法”
”言語聴覚療法”この3つがあります。
つまり、理学療法はリハビリの中の1つと
いうことです!


ガイドラインは推奨度(おすすめの程度)、
「このリハビリをおすすめします」とか
「このリハビリはおすすめできません」
などが書かれています。

 

 

今回はMedijainenらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
軽度~中等度の
パーキンソン病患者さん
24名が集められました。


そして・・・
①ガイドラインに基づく理学療法
(ヨーロッパのガイドライン)
②通常のケア
この2つのグループに分けられました。

ガイドラインに基づくグループは
週2回、60分/回、
バランス練習、歩行練習などの
リハビリを受けました。

 

 

そして・・・
Modified Patient-Specific Functional Scale
(ModPSFS)という評価でリハビリの効果が
検証されました。


ModPSFSは日常生活の困難さを
患者さん本人にお聞きして点数化する
評価です。
点数が高いということは日常生活に
困難に感じる場面が多いということに
なります。

 

 

その結果・・・
ガイドラインに基づく理学療法を行うことで
患者さん本人が感じる日常生活の困難さが
少なくなるということがわかりました。

 

 

メリットとデメリットを踏まえて
リハビリプログラムの根拠を
説明できることがリハビリ専門職に
必要なのかも知れません。


※根拠が示されているリハビリを
 ゴリ押しするわけではありません!

 

 

どのような方針でリハビリを行うのか
患者さんリハビリ担当者が意思決定するときには
ガイドラインが大切だなと感じました。

 

 

本コラムでは、
パーキンソン病患者さんに
対するガイドラインに基づく理学療法の
効果を解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
Medijainen K, Pääsuke M, Lukmann A, Taba P.
Structured guideline-based physiotherapy reduces
difficulties in activities of daily living
in Parkinson's disease. NeuroRehabilitation.
2022;50(1):47-56.
doi: 10.3233/NRE-210181.
PMID: 34776423; PMCID: PMC8925111.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday