歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-21 16:46:00

脳卒中患者さんが行う体重移動練習の効果とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは脳卒中患者さんが行う
体重移動練習の効果を解説したいと
思います。

 

 

今回はLiaoらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
発症から6ヶ月以上を経過した
脳卒中患者さん56名が参加しました。


そして・・・
①バランストレーニンググループ
機器を用いたバランス練習を
行いました。

②ラテラルウェッジグループ
マヒされてない側に傾斜5°の
インソールを使用しています。

③通常のリハビリグループ
この3つのグループに振り分けられました。

 

 

それぞれのバランス能力にどのような
影響があるのかが調査されました。

 

 

その結果・・・
バランストレーニングや
ラテラルウェッジトレーニングを
行うことでバランス能力が向上する
ことがわかりました。


※この研究ではバランス能力の検査に

 Balance Computerized Adaptive Test:
バランスCATが使用されています。
なぜこの検査を用いたのか気になります。

 

 

論文1つで判断することは難しいですが、
脳卒中発症後6ヶ月以降でも、
体重移動(負荷)練習を行うことで、
バランス能力が向上する可能性が
あるかも知れません。


私としては、トレーニング方法による
効果量(効果の大きさ)の違いが
気になるところです。


似たような研究も調べ、改めて
コラムで解説したいと思います。

 

 

本コラムでは、
脳卒中患者さんが行う
体重移動練習の効果を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月21日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
Liao WC, Lai CL, Hsu PS, Chen KC, Wang CH.
Different weight shift trainings can improve
the balance performance of patients with
a chronic stroke: A randomized controlled trial.
Medicine (Baltimore). 2018 Nov;97(45):e13207.
doi: 10.1097/MD.0000000000013207.
PMID: 30407361; PMCID: PMC6250502.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday