歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-14 17:13:00

腰痛の患者さんは歩き方も変化する!?

 

こんばんは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは腰痛がある方と
腰痛がない方の歩き方の違いを
解説したいと思います。

 

 

今回はSmithらの論文を
紹介したいと思います。


システマティックレビュー及び
メタアナリシスの論文です。


端的に言うなれば、
論文をたくさん集め、その結果を
まとめたものです。

 

 

この研究では・・・
急性腰痛、慢性腰痛の患者さんの両方を
合わせて腰痛の患者さんとしています。

 

 

腰痛を患っている方の
(患っていない方と比べた時の)
歩行の特徴は・・・

①歩行速度がゆっくり
②歩幅が狭い
③歩行できる距離が短い
④胸部と骨盤の動きが乏しい
⑤脊柱起立筋の活動が高い

などがあることがわかりました。


④について追記しますと、
腰痛のない方は歩行速度を上げていくと
胸部と骨盤はお互いに逆方向へと
動きます。


例えば、胸部が右に回旋したら、
骨盤は左に回旋するということです。


しかし腰痛のある方は、
同じ方向へと動くようになります。

 

 

腰痛は様々な原因で起きます。
例えば筋肉、関節、神経など
様々な原因があります。


原因によっても歩き方の特徴も
違いがあるのかもしれません。


ただ歩き方の特徴を知っておくことで
リハビリを行う上での糸口になると
考えています。

 

 

本コラムでは、
腰痛がある方と腰痛がない方の
歩き方の違いを
解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月14日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
Smith JA, Stabbert H, Bagwell JJ, Teng HL,
Wade V, Lee SP.
Do people with low back pain walk differently?
A systematic review and meta-analysis.
J Sport Health Sci. 2022 Jul;11(4):450-465.
doi: 10.1016/j.jshs.2022.02.001.
Epub 2022 Feb 10.
PMID: 35151908; PMCID: PMC9338341.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday