歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-08 14:41:00

パーキンソン病患者さんに対する理学療法の効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
理学療法の効果を解説したいと思います。


理学療法はリハビリの1つです。
他には作業療法、言語聴覚療法が
あります。

 

 

今回はRadderらの論文を
紹介したいと思います。
ちなみにこの論文はリハビリの内容を
検討するにあたり、とても重要だなと
個人的に感じています。

 

 

この研究では・・・
病期や重症度によらず
パーキンソン病患者さんに対する
理学療法の論文が集められました。
※メタアナリシスというタイプの
論文です。


理学療法として・・・
従来の理学療法、トレッドミルトレーニング、
ダンス、ノルディック ウォーキング、
全身振動、
マッサージ、筋力トレーニング、
有酸素運動、バランス・歩行練習など
12個のカテゴリーに分類されました。


そして運動症状、バランス制御能力、
歩行能力、生活の質(生活の満足度)に
どのような影響(効果)があるのかが
調査されました。

 

 

本コラムでは結果の一部(4つに絞って)を
紹介したいと思います。


①従来の理学療法・・・
運動症状、歩行速度、
歩行率(1分あたりの歩数)、
転倒恐怖感、すくみ足などに
有益な効果が期待できることが
わかりました。


②筋力トレーニング・・・
6分間歩行(6分間に歩ける距離)、
生活の満足度に有益な効果が
期待できることがわかりました。


③有酸素運動・・・
運動症状、バランス制御能力、
6分間歩行に有益な効果が
期待できることがわかりました。


④バランス・歩行練習・・・
運動症状、バランス制御能力、歩行速度、
ストライド長(2歩分の歩幅)などに
有益な効果が期待できることが
わかりました。


その他、8つのカテゴリーに関しても
効果が調査されています。


まとめると・・・
行う運動(理学療法)によって
期待される効果に違いがあるという
ことです!


そのため、解決したい課題・達成したい
目標によって運動の方法を変えなくては
ならないということを示しています。

 

 

本コラムでは、
パーキンソン病患者さんに対する
理学療法の効果を解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年10月8日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
DLM, Lígia Silva de Lima A,
Domingos J, Keus SHJ, van Nimwegen M,
Bloem BR, de Vries NM.
Physiotherapy in Parkinson's Disease:
A Meta-Analysis of Present Treatment Modalities.
Neurorehabil Neural Repair.
2020 Oct;34(10):871-880.
doi: 10.1177/1545968320952799.
Epub 2020 Sep 11.
PMID: 32917125; PMCID:
PMC7564288.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday