歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

歩行専門”の自費リハビリ施設 『アルコネクト』

▸科学的な裏付けに基づくリハビリ

▸認定理学療法士の資格保有者が対応

▸完全予約制の個別対応
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-10-01 14:55:00

軽度・中等度のパーキンソン病の患者さんが行うトレーニング~どんな効果がある?~

 

こんばんは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムでは軽度・中等度の
パーキンソン病患者さんの
トレーニングの効果についてを
解説したいと思います。

 

 

今回はSchenkmanらの論文を
紹介したいと思います!

 

 

この研究では・・・
Hoehn&Yahrステージ1~3の
パーキンソン病患者さん121名が
参加しました。


Hoehn&Yahrステージというのは
1~5までの5段階あり、症状の
重症度を評価するものです。
”ホー(エ)ン・ヤール”と読みます。


Hoehn&Yahrステージ1~3というと
軽度・中等度の症状の方が該当します。


参加された方には、

①FBFグループ
→柔軟体操・バランストレーニング

②AEグループ
→トレッドミル・自転車での有酸素運動

③自宅でのトレーニンググループ
→National Parkinson Foundation Fitness
  Countsプログラムを実施。

この3つのグループに振り分けられました。

 

 

トレーニングの効果を調査するために、

①Continuous Scale-Physical

   Functional Performance [CS-PFP]
   :全体的な身体機能

②Functional Reach Test[FRT]
   :バランス能力

③酸素摂取量:歩行の効率

④Unified Parkinson's Disease
   Rating Scale [UPDRS] の
 日常生活動作(ADL)・運動症状

⑤PDQ-39:生活の満足度

①~⑤の検査がトレーニング前後で
行われました。

 

 

その結果・・・
①FBFグループ
 ・CS-PFP(身体機能)が向上
 ・UPDRS-ADL(日常生活動作)が改善

②AEグループ➔最大酸素摂取量が向上


つまり・・・
身体機能を改善には、
柔軟体操・バランストレーニング

歩行効率を改善には、
有酸素トレーニングが有効である
可能性が高いということが言えます。


目標やお悩みに合わせたトレーニングが
必要ということですね!

 

 

今回は紹介していないのですが、
理学療法の効果を検証した論文もあります。
どのようなトレーニングを行うと
どのような効果が期待できるのかが
より詳細にまとめられています!
(今度、紹介させていただきますね!)

 

 

本コラムでは、
軽度・中等度のパーキンソン病患者さんの
トレーニングの効果を解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2022年10月1日)
(更新日:2023年12月4日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Schenkman M, Hall DA, Barón AE,
Schwartz RS,Mettler P, Kohrt WM.
Exercise for people in early- or
mid-stage Parkinson disease:
a 16-month randomized controlled trial.
Phys Ther. 2012 Nov;92(11):1395-410.
doi: 10.2522/ptj.20110472. Epub 2012 Jul 19.
PMID: 22822237; PMCID: PMC3488266.

 

 

 

 

2024.07.23 Tuesday