歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-09-27 11:22:00

パーキンソン病患者さんの歩行の特徴とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
歩行の特徴を解説したいと思います。

 

 

今回はKarpodini らの論文を
紹介したいと思います。

  

 

この論文はメタアナリシスと呼ばれる
複数の論文のデータを集めて統計学を
駆使して
統合する手法を用いています。

 

 

この研究では・・・
パーキンソン病の患者さんと
パーキンソン病などの病気を
患っていない方の歩行の違いが
調査されました。

 

 

その結果・・・
パーキンソン病患者さんは
①歩行速度の低下

②ストライド(2歩分の歩幅)低下
③両脚支持時間が延長
④遊脚(脚を前に出す)時間の短縮
⑤股関節の可動域が狭くなる


この5つが特徴として
挙げられました。

 

 

歩行速度や歩幅などの歩行パラメーターの
一側面を捉えたものになりますので、
パーキンソン病の患者さんの歩行を
ここだけ確認すれば良いというワケでは
ありません。



しかし歩行の課題を分析・整理したり、
リハビリメニューを立案するときに
参考になる論文かなと思います。

 

 

歩行分析は課題をみつけたり、
リハビリメニュー立案にとても
大事です。


しかし基本的にはセラピスト自身の
目でみて確認するもので、少なからず
経験によって解釈が歪められてしまう
こともあります(自分自身の経験として)。 


そのため、歩行分析以外の
検査(筋力やバランス制御能力など)を
組み合わせながら歩行時の課題を
分析することの方が良いなと
日々の利用者様とのリハビリの中で
感じています!

 

 

本コラムでは
本コラムではパーキンソン病患者さんの
歩行の特徴を解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年9月27日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Zanardi APJ, da Silva ES, Costa RR,
Passos-Monteiro E, Dos Santos IO, Kruel LFM,
Peyré-Tartaruga LA.
Gait parameters of Parkinson's disease compared
with healthy controls: a systematic review
and meta-analysis.
Sci Rep. 2021 Jan 12;11(1):752.
doi: 10.1038/s41598-020-80768-2.
PMID: 33436993; PMCID: PMC7804291.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday