歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-09-24 16:51:00

パーキンソン病患者さんに対するリハビリの効果を比較する

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんに
対して行われた
①リズミカルキューイング
②ダンス
③筋力トレーニング
この3つの効果を解説したいと思います。

 

 

そこで今回はKarpodini らの論文を
紹介したいと思います。

  

 

この論文はメタアナリシスと呼ばれる
タイプです。


メタアナリシスは複数の論文のデータを
集めて統計学を駆使して
統合する手法です。

 

 

この研究では・・・
Hoehn-Yahr stageⅠ~Ⅳの
パーキンソン病患者さんが対象となり、
①リズミカルキューイング
②ダンス
③筋力トレーニング
この3つのいずれかのトレーニングを
行った研究が集められました。


※リズミカルキューイングでは、
タンバリンやメトロノーム、音楽などを
使って歩く練習を行うものです。

 

 

その結果・・・
リズミカルキューイングは、
歩行速度、ストライド長、
UPDRSパートⅢ(運動症状)

ダンスはストライド長、TUG(歩行能力)、
UPDRSパートⅢ(運動症状)

筋力トレーニングは、
TUG(歩行能力)、PDQ-39(生活の満足度)

それぞれに有意な差があることが
わかりました。


3つそれぞれの方法によって
影響(効果)がある項目が違うということも
言えるのではないかなと思います。

 

 

今回の論文では集めた研究間の結果の差が
大きいものもあるため、結果の解釈には
とても注意が
必要です。


結果に差があるということは、
「効果がある場合」
「効果がない場合」
この2つの場合があるということです。


実際に行うか否かについては
他の論文も集め、総合的にみて効果が
どのぐらい期待できるのかを検討する
ことがとても大切です!


また姿勢反射障害という症状が
あり、バランスを崩しやすくなって
いる場合があります。
やはりお体にあったリハビリを
行うことが大事ですね!


もし訪問リハビリや通所リハビリを
受けている方でしたら、スタッフの
方に、ご相談いただくのも良いかも
知れません。

 

 

本コラムでは
①リズミカルキューイング
②ダンス
③筋力トレーニング
この3つの効果についてを
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年9月24日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Karpodini CC, Dinas PC, Angelopoulou E,
Wyon MA, Haas AN, Bougiesi M,
Papageorgiou SG, Koutedakis Y.
Rhythmic cueing, dance, resistance training,
and Parkinson's disease: A systematic review
and meta-analysis.
Front Neurol. 2022 Aug 9;13:875178.
doi: 10.3389/fneur.2022.875178.
PMID: 36034281; PMCID: PMC9413961.

 

 

 

 

2022.12.06 Tuesday