歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-09-12 15:36:00

パーキンソン病患者さんの歩行速度と屋外歩行の関係性

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
歩行速度と屋外歩行との関係性を
解説していきたいと思います。

 

 

そこで今回はElbersらの論文を
紹介したいと
思います。

  

 

この研究では・・・
軽度~中等度の
パーキンソン病患者さん154名が
参加しています。


パーキンソン病の分類として
"Hoehn-Yahr stage"と
言われるものがあります。
1~5の段階があり、障害の程度に
よって分類されます。


今回の研究ではHoehn-Yahr stage
2~4の患者さんが参加しています。
この2~4が軽度・中等度に相当します。


参加された患者さんは、
 Nottingham extended activities of
daily living index (NEAI)という
検査を用いて、
①屋外歩行が可能なグループ
②屋外歩行が困難なグループ
この2つのグループのどちらかに
分けられました。

 

 

その結果・・・
歩行速度を用いて
屋外歩行が可能か困難であるのかを
予測できることがわかりました。


その
歩行速度は0.88m/sec
ということがわかりました。


0.88m/secというのは・・・
1秒間に88cm程度進む距離です。


さらに歩行速度だけでなく転倒恐怖感の
検査であるFalls Efficacy Scale (FES) を
付け加えることでより予測精度が
上がることもわかりました。

 

 

パーキンソン病患者さんの 屋外歩行の
1つの目安として
「歩行速度」
「転倒恐怖感」
この2つに注目し、検査を行うことを
考えても良いかも知れません。


屋外歩行では、道路の起伏や
周辺のものや人に注意を向けたり、
対応しなくてはなりません。


歩行速度のみならずバランス能力や
注意機能など他の検査結果との
兼ね合いも必要です!

 

 

本コラムではパーキンソン病患者さんの
歩行速度と屋外歩行との
関係性を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年9月12日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Elbers RG, van Wegen EE,
Verhoef J,Kwakkel G.
Is gait speed a valid measure to predict
community ambulation in patients with
Parkinson's disease?
J Rehabil Med. 2013 Apr;45(4):370-5.
doi: 10.2340/16501977-1123.
PMID: 23450464.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday