歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端にある歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症

パーキンソン病・ひざの痛み・腰痛に対応

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-08-19 11:30:00

脳卒中患者さんの快適歩行速度と最大歩行速度の関係性とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です!

 

 

本コラムは脳卒中の患者さんの
快適歩行速度と最大歩行速度の
関係性を解説したいと思います。

 

 

脳卒中患者さんの歩行速度は
職場復帰や
行動範囲と関係があると
過去の研究で報告されています。


歩行能力の一指標である歩行速度には
「快適歩行速度」
「最大歩行速度」
この2つがあります。


快適歩行速度とは・・・
普段と同じように歩いた時の速度です。


最大歩行速度とは・・・
できるだけ速く歩いた時の速度です。


研究を行うときには、測定の誤差を
少なくするために最大歩行速度を
計測することがあります。

 

 

最大歩行速度は快適歩行速度に1.4を
かけることで予測値が算出できると
報告されています。


つまり・・・
最大歩行速度(予測値)=快適歩行速度×1.4
という式が成り立つということです。

 

 

「速く歩けるようにならないといけない」
と不安を感じられるかも知れません。


予測する歩行速度と実際の歩行速度に
差があるということは、歩行速度を
上げられない要因があるということです。


その要因を分析し紐解いていくことが
歩行能力向上のために必要なことです。

 

 

今回は、脳卒中の患者さんの快適歩行速度と
最大歩行速度の関係性を解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年12月29日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Jarvis HL, Brown SJ, Price M, Butterworth C,
Groenevelt R, Jackson K, Walker L, Rees N,
Clayton A, Reeves ND.
Return to Employment After Stroke in
Young Adults: How Important Is the
Speed and
Energy Cost of Walking?
Stroke. 2019 Nov;50(11):3198-3204.
doi: 10.1161/

STROKEAHA.119.025614. Epub 2019 Sep 26.
PMID: 31554503; PMCID: PMC6824505.

2)Fulk GD, He Y, Boyne P, Dunning K.
Predicting Home and Community Walking
Activity
Poststroke.
Stroke. 2017 Feb;48(2):406-411.

doi: 10.1161/STROKEAHA.116.015309.
Epub 2017 Jan 5. PMID: 28057807.

3)Vive S, Elam C, Bunketorp-Käll L.
Comfortable and Maximum Gait Speed in
Individuals with Chronic Stroke and
Community-Dwelling Controls.
J Stroke Cerebrovasc Dis. 2021 Oct;30(10):
106023. doi: 10.1016/j.
jstrokecerebrovasdis.2021.106023.
Epub 2021 Aug 7.PMID: 34375858.

2023.02.07 Tuesday