歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-08-08 20:30:00

脳卒中患者さんのアームスリングはバランスや歩行への影響とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんが
使用するアームスリングのバランスや
歩行への影響を
解説したいと思います。


今回はLinらの論文をご紹介したいと
思います!

 

 

アームスリングとはマヒした肩を
保護するためのものです。


そのアームスリングを装着すると
歩行速度、歩幅、バランス能力などに
どのような影響があるのかを
検討しています。

 

 

その結果・・・
アームスリングを装着した場合は
(装着しない場合に比べて)
歩行速度が向上する傾向があることが
わかりました。

 

 

私が気になる点が3つあります。


①歩行自立度が高い方が対象

歩行自立度とは、一人で歩けるのか、
それとも介助が必要なのかを度合いを
表したものです。

この研究では歩行自立度が高い方、
つまりお一人で歩ける方でした。
この点が結果に影響を及ぼした
可能性があります。


②アームスリングの種類が様々である

アームスリングの
タイプによって
効果(影響)の度合いに違いが
あるかも知れません。


③歩行速度の効果量(影響)が幅広い
アームスリングを使用すると歩行速度が
向上することが明らかになりました。
しかし・・・
その効果量(影響)が幅広く0に
かなり近く、必ず効果があると
言い切ることが難しいかも知れません。

 

 

まとめると・・・
アームスリングを使用した場合は
歩行速度が速くなるかもしれない
そして・・・
アームスリングを使用した場合と
使用しない場合を比べると、
歩幅やバランス能力には
大きな差がないことが言えます。

 

 

アームスリングの効果に関して、
様々な
論議がなされています。

肩の痛みがひどい場合には、
肩を保護するため、痛みの悪化を
防ぐ目的で
アームスリングの使用を
おススメすることがあります。


痛みが緩和されてきたところで医師と
相談し外すことを検討します。

 

 

脳卒中の患者さんが
使用するアームスリングのバランスや
歩行への影響を
解説しました。



本コラムが皆さまの何かの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年8月8日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Lin LC, Liao CD, Wu CW, Huang SW,
Hong JP, Chen HC.
Effect of arm sling application on gait and balance
in patients with post-stroke hemiplegia:
a systematic review and meta-analysis. Sci
Rep. 2021 May 27;11(1):11161.
doi: 10.1038/s41598-021-90602-y.
PMID: 34045541; PMCID: PMC8160322.

2022.09.27 Tuesday