歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-08-02 10:36:00

足首の固有感覚障害とバランス障害の関係性

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
足首の固有感覚障害とバランス障害
との
関係性を
解説したいと思います。


今回は足首の固有感覚障害とバランス障害の
関係性を研究したCho
らの論文を
ご紹介したいと思います。

 

 

この研究では6ヶ月以上前に脳卒中を
患った方で、
介助者の見守りもしくは
お一人で歩ける方を対象としています。


バランス能力の検査として
Berg Balance Scale (BBS)
Timed Up and Go(TUG)
を採用しています。

バランス能力をBBSは得点で、TUGは
かかった時間で表して評価します。


今回の論文ではBBSが46点以下、
TUGが13.5秒以上かかった場合を
バランス障害と定義づけています。


そして固有感覚とは・・・
腕や脚がどのぐらい曲がっているのか
伸びているのかなどの感覚です。


他にも意識はされませんが、
筋肉の長さセンサー(筋紡錘・腱紡錘)も
この固有感覚に含まれます。

 

 

 結果は・・・
バランス障害を足首の固有感覚障害と
歩幅によって予測(説明)できると
いうことがわかりました。


そしてバランス障害があるグループは
(バランス障害がないグループに比べて)
足首の固有感覚障害を3.49倍もっている
ということがわかりました。


この3.49倍とはオッズ比と
言われるものです。


つまり・・・
足首の固有感覚障害はバランス障害を
予測(説明)できるということです。


歩幅は、オッズ比が1をまたいで
しまっているので、バランス障害を
予想(説明)されにくいと思われます。


足首の固有感覚障害は3.49倍という
オッズ比でしたが、その幅が広い点も
気になるところです。


研究に参加している方の人数が増えると
結果は変わるかも知れません。

 

 

足首の固有感覚が悪いとバランスが
悪くなると不安に思われる方も
いらっしゃるかも知れません。


バランス能力は固有感覚のみで
成り立つものではありません。
1つの指標として捉えていただけたら
と思います。


バランス能力を正確に分析して、
その課題にあったリハビリを行うことが
大切だなと感じています。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
足首の固有感覚障害とバランス障害との
関係性を解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2022年8月2日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Cho JE, Kim H.
Ankle Proprioception DeficitIs the Strongest
Factor Predicting Balance Impairment in
Patients With Chronic Stroke.
Arch Rehabil Res Clin Transl. 2021 Nov 2;3(4):
100165. doi: 10.1016/j.arrct.2021.100165.
PMID: 34977547; PMCID: PMC8683870.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday