歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-07-23 17:37:00

変形性膝関節症の患者さんは股関節の筋力トレーニングも大切!

 

脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは変形性膝関節症の患者さんの
股関節の筋力トレーニングの重要性を
解説していきたいと思います。

 

 

股関節まわりには数多くの筋肉があります。
今回は股関節を外転させる筋肉の
トレーニングに
焦点を当てたいと思います。


股関節の外転(がいてん)とは脚を外側に
開く動きで、主に骨盤や大腿骨の外側の
筋肉が働きます。


股関節外転に関わる筋肉を鍛えると
どのような効果が期待できるのか?


その疑問に答えた
Thomas らの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この研究では・・・
股関節外転筋の筋力トレーニングを行う
前後で
、痛みやWOMACの点数の変化を
みることで効果を検証しています。


WOMACとは・・・
世界的にも行われている検査で、
痛みやこわばり、日常生活の困難さなど
膝関節の状態を点数で表すことができます。

 

 

結果は・・・
股関節外転の筋力トレーニングを行うと
痛みやWOMACの点数を減らす効果が
ある
ことが
わかりました。


WOMACの点数が減らせたということは、
痛みやこわばり、日常生活の困難さなど
膝関節の状態を改善できる効果があった
ということです。

 

 

ただ・・・
WOMACの点数が減ったのは、
・痛み
・こわばり
・日常生活の困難さ
この3つのどれが改善したためなのか、
または全てが改善したためなのか
不明な点が気になるところです。


痛みが和らいだという結果もありますので
もしかしたらその影響がWOMACの
点数を下げることにつながったのかも
しれません。

 

 

股関節外転筋のトレーニングは、
自主トレーニングでも行える方法が
あります。


膝関節の状態によってもトレーニングの
方法が変わりますので、現在リハビリに
通われている方でしたら担当の方に
ご相談いただくのも良いかも知れません。

 

 

本コラムでは変形性膝関節症の患者さんが
股関節外転の筋力トレーニングを行うと
どのような効果があるのかを解説しました。

 

 

皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年7月23日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)
Thomas DT, R S, Prabhakar AJ,
Dineshbhai PV,Eapen C.
Hip abductor strengthening in patients diagnosed
with knee osteoarthritis - a systematic review
and meta-analysis.
BMC Musculoskelet Disord. 2022Jun 29;23(1):
622. doi: 10.1186/s12891-022-05557-6.
PMID: 35768802; PMCID: PMC9241212.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday