歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-07-19 17:13:00

脳卒中の患者さんの腕や手のリハビリ!ミラーセラピーの効果とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
腕や手のリハビリの1つ、
ミラーセラピーを解説したいと思います。

 

 

ミラーセラピーとは・・・
鏡にマヒしていない手や腕を映し、
動かすことでマヒしている手や腕が
運動していることを錯覚させる方法です。
手や腕だけではなく脚のミラーセラピーも
行われることもあります。

 

 

そのミラーセラピー。
どのような効果が期待できるのでしょうか。
その疑問に答えたZengらの論文を
紹介したいと思います。

 

 

この論文では・・・
脳卒中の患者さんが対象でした。


①ミラーセラピーを行うグループ
②通常のリハビリを行うグループ

この2つに分け、ミラーセラピーには
マヒしている腕や手の動きを改善する
効果があるのかを検証しています。

 

 

その結果・・・
ミラーセラピーを行うことで
腕や手の動きが改善が期待できる
ことがわかりました。

 

 

ミラーセラピーは麻痺されている
腕や手が運動がしっかりと
イメージできることがポイントです。

 

 

私の経験ですがある時、ミラーセラピーを
患者さんに行っていただいていました。


しかし・・・
”動
いている感覚がイメージできない”
とのことで、電気刺激療法と振動刺激の
2つを追加して実施したこともあります。

 

 

ミラーセラピーに限らないことですが、
目標やお悩みに合わせて他のリハビリを
組み合わせることも大切です。

 

 

もし・・・
「ミラーセラピーをやってみたい」と
思われた方がいらっしゃいましたら、
適応を含めてリハビリ担当の方に
ご相談いただくのが良いかも知れません。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
ミラーセラピーについて解説しました。


本コラムが皆さまの何かの
お役に
立てましたら幸いです。


最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年7月19日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Zeng W, Guo Y, Wu G, Liu X, Fang Q.
Mirror therapy for motor function of
the upper extremity in patients with stroke:
A meta-analysis. J Rehabil Med. 2018
Jan 10;50(1):8-15.
doi: 10.2340/16501977-2287.
PMID: 29077129.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday