歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-07-16 13:47:00

慢性腰痛には電気刺激療法が効果的?

 

脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

突然ですが・・・
慢性的な腰痛には電気刺激療法は
効果的なのでしょうか??
(疑念ではなく私の疑問です)


今回は、この疑問に答えたWuらの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この研究では慢性腰痛の患者さんを
対象として、TENS(テンス)と呼ばれる
電気刺激の効果を検証しています。


実は電気刺激の方法はたくさんあります。
TENSはその中の1つです。


効果を検証するために、偽物の電気刺激や
TENS以外の電気刺激(電気鍼など)を行った
グループと比較しました。


※慢性腰痛とは・・・
12週間以上続く腰痛と定義されています。

 

 

その結果・・・
TENSを行うことで、
(偽物の電気刺激や他の電気刺激よりも)
痛みや機能障害に短期的(6週間以内)な
効果があることがわかりました。


機能障害とは・・・
腰痛が日常生活に与える影響の
ことです。

 

 

しかし・・・
慢性腰痛と一口に言っても
原因が様々です。


電気刺激療法を行うときには
腰痛の原因や場所に合わせて、
電気の強さ、電極を貼る位置、
電気を流す時間など方法の
検討が必要です


電気刺激の種類によっても
効果が変わるかも知れません。

 

 

電気刺激を行うだけではなく、
運動や腰痛に関する正しい知識を
得ることも必要な場合もあります。


そのためリハビリをより効果的に
行う上で大切なこと・・・


それは、
問診やリハビリの検査を
丁寧に行うことです。

 

 

本コラムでは慢性腰痛に対する
電気刺激療法(今回はTENS)の効果を
解説しました。

 

 

皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年7月16日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献
1)Wu LC, Weng PW, Chen CH, Huang YY,
Tsuang YH,Chiang CJ.
Literature Review and Meta-Analysis of
Transcutaneous Electrical Nerve Stimulation
in Treating Chronic Back Pain.
Reg Anesth Pain Med. 2018 May;43(4):425-433.
doi: 10.1097/AAP.0000000000000740.
PMID: 29394211;
PMCID: PMC5916478.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday