歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-07-07 17:20:00

脳卒中の患者さんが長い距離を歩くために必要な要素とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんが
長い距離を
歩くために必要な要素を
解説したいと思います。

 

 

リハビリで行う歩行練習。
長い距離を歩けるようになるためには
どのような点に注意しながらリハビリを
行えば良いのでしょうか?

 

 

今回はAwadらの論文を
紹介したいと思います!


この論文では・・・
発症から6ヶ月を経過する
脳卒中の患者さんが対象でした。

 

 

・6分間歩行
・立脚期:マヒ側の推進力・股関節の角度
・遊脚期:マヒ側の足首とひざの角度
・対称性:歩幅・脚を出すときにかかる時間

※6分間歩行とは・・・
6分間でどのぐらいの距離を
歩けるのか測定する検査です。

※立脚期とは・・・
歩行中に脚で支えているときのことです。

※遊脚期とは・・・
歩行中に脚を前に出すときのことです。

 

 

これらの検査の変化をみて
長く歩くためにはどのような要素が
必要なのかを検証しています。

※なお検査前後で歩行トレーニングを
 実施しています。

 

 

結果は・・・
6分間で歩ける距離は
マヒされている側の推進力と
脚を後ろに伸ばせる角度によって
予測できることがわかりました。

さらにトレーニング前後の
6分間で歩ける距離の変化は
麻痺されている側の推進力の変化に
よって予測できることがわかりました。

 

 

つまり・・・
長い距離を歩くためには、
麻痺されている側の推進力と
脚を後ろに伸ばせる角度を
大きくするためには
どうしたら良いのか?

この視点が大切ということです!!

長く距離を歩けるためには
歩く練習や有酸素運動も選択肢に
なるかもしれません。


ただ・・・
長く歩くための要素を分析し
課題に合わせたリハビリを
行うことも重要です!

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんが
長く距離を歩くために必要な要素に
ついてを解説しました。

歩行中の推進力については
次回、解説したいと思います。


本コラムが皆さまの何かの
お役に
立てましたら幸いです。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年7月7日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Awad LN, Binder-Macleod SA, Pohlig RT,
Reisman DS. Paretic Propulsion and Trailing Limb
AngleAre Key Determinants of Long-Distance
Walking Function After Stroke.
Neurorehabil Neural Repair. 2015
Jul;29(6):499-508.
doi: 10.1177/1545968314554625.
Epub 2014 Nov 10.
PMID: 25385764; PMCID: PMC4426250.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday