歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-06-13 18:45:00

知りたい!脳卒中の患者さんの歩行回復の予後とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

今回は脳卒中の患者さんの歩行の
予後を解説したいと思います!

歩行回復の予後に影響がある
脳の場所は
いったいどこなのか?

その疑問に答えたLeeらの
論文を紹介したいと思います!

予後とは・・・
今後の見通しのことです。

 

 

この論文では、
MRIを使い、脳卒中の患者さんの
歩行回復に
影響がある脳の場所を
検証しています。

※MRIとは・・・
主に病変を見つけるために
使われる検査のことです。

 

 

結果は・・・
放線冠、内包、被殻、尾状核などが
歩行回復に関係がある
ということがわかりました。

合わせて6ヶ月間を通じて徐々に
歩行自立度が向上していくことも
わかりました。

つまり・・・

一人で歩けるようになった方の割合が
6ヶ月の経過を経て徐々に増えた
ということもわかったのです。
(この6ヶ月間はリハビリを実施)

歩行自立度とは・・・
歩くことに関して、どのぐらい
一人でできるかの度合いです。

 

 

リハビリ専門の病棟である
回復期リハビリテーション病棟。
疾患によって入院できる日数に
上限が決められています。

例えば脳卒中の方であれば、
150~180日間は入院できます。

しかし・・・
入院日数は年々減少傾向にあり、
全国平均で2ヶ月程度と言われています。


私が所属し管理者を務めていた回復期
リハビリテーション病棟も
この全国平均に近い入院日数でした。

つまり・・・
今回のご紹介した研究結果と入院日数を
踏まえると、退院した患者さんの中には
まだまだ改善の見込みのある方が
いらっしゃる可能性が考えられるのです。

 

 

歩行回復に影響がある
脳の場所がダメージを受けたから
必ずしも
歩行が困難になると
いうわけでもありません。

あくまで研究結果の一つであり、
脳卒中の症状がお一人お一人で違いが
あるように予後にも違いがあります。

そこで大切なのは、
リハビリの検査で詳しく
お体の状態を確認することです。

例えば・・・
歩行に必要な関節の動き、筋力、
バランス能力などです。

もちろんリハビリ専門職だけでは
なく医師や看護師、介護士などの
様々な職種の見解を総合的にみて
判断することも大事です!

 

 

本コラムでは脳卒中の患者さんの
歩行の予後を解説しました。

皆さまの何かのお役に立てましたら
幸いです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年6月20日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Lee KB, Kim JS, Hong BY, at al.
Brain lesions affecting gait recovery in stroke
patients. Brain Behav. 2017 Oct 25;7(11):e00868.
doi: 10.1002/brb3.868. PMID: 29201557;
PMCID: PMC5698874.

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday