歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

”歩行専門”の自費リハビリ施設 「アルコネクト」

~維持ではなく改善を目指すリハビリを追求~

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日 ・ 日曜日
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-03-18 10:44:00

変形性膝関節症に対するテーピングの効果

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

今回のコラムでは変形性膝関節症に対する
テーピングの効果を解説したいと思います。

 

 

テーピングをしたことのない方でも
スポーツ選手が関節のまわりにテープを
グルグルと巻いているのを見たことが
ある方はいるのではないでしょうか?

テーピング用のテープはドラッグストア
などにも売っています。

 

 

スポーツ現場で使われるテーピング。
変形性膝関節症の症状にも効果が
あるのでしょうか?


MAOらに報告によれば、
テーピングだけ、もしくは理学療法や薬物療法を
組み合わせることで変形性膝関節症の

患者さんの痛みや筋力(等速性収縮)を
改善する効果が
あることがわかっています。


Wuらによれば、
運動とテーピングを組み合わせることで、
痛みの軽減が図れると
しています。

 

 

テーピングの種類には、
主にY字型、X字型、I型などが
あります。


テーピングを弱くなった筋肉の収縮を
助けるためか、過剰に働いている筋肉を
抑えるために行うのかによって、
実施する場所も変えなくてはなりません。


またテーピングに組み合わせて行われる
理学療法や運動も
MAOらやWuらの
報告でも様々です。


例えば、TENS(電気刺激療法)、
運動であれば、ストレッチや
筋力トレーニングが行われています。

 

 

つまり、テーピングを行うときは、
得られる効果を明確にしつつ、
どのような方法をとるのか、どのぐらいの
期間実施するのかなど、念密に
プランニングする必要があるということですね。


もし患者さんで興味をもたれた方が
いましたら、担当スタッフに
ご相談いただくのも良いかも知れません。

 

 

今回は変形性膝関節症に対する
テーピングの効果を解説しました。

 

 

今回のコラムが少しでも皆さまの
お役に立てましたら嬉しいです。


最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

(執筆日:2022年6月16日)
(更新日:2023年9月7日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1) Mao HY, Hu MT, Yen YY, Lan SJ, Lee SD.
Kinesio Taping Relieves Pain and Improves
IsokineticNot Isometric Muscle Strength in Patients
with Knee OsteoarthritisA Systematic Review
and Meta-Analysis.Int J Environ Res Public Health.
10 04 2021;18(19)doi:10.3390/ijerph181910440

2)
Wu H, Yao R, Wu J, Wen G, Wang Y.
Does kinesio taping plus exercise improve
pain and function in patients with knee osteoarthritis?:
A systematic review and meta-analysis of randomized
controlled trials. Front Physiol. 2022 Sep 9;13:961264.
doi: 10.3389/fphys.2022.961264. PMID: 36160871;
PMCID: PMC9500481.

 

 

 

 

2024.04.19 Friday