歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-03-12 13:52:00

素朴な疑問。転倒は運動で予防できるの?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT(アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

本日は転倒と運動をテーマに
解説していきたいと思います。

 

 

私が病院に勤めていた頃・・・
”転ぶの怖くて動くのがおっくう”
”また転ばないか心配”と
お話を伺うことがありました。

そのような不安や心配が少なくなればと
思い、転ぶことを事前に防げたら良いなと
考えていました。

 

 

転倒を予防する方法として、
運動をした方が良いとよく聞くことが
あります。

”本当に転倒を予防するために運動は
効果的なのでしょうか?”
”ならばどんな運動が良いのでしょうか?”

その疑問に答えたSherringtonらの論文を
今回は紹介したいと思います。

 

 

この論文では60歳以上の方が対象として、
筋力トレーニング・有酸素運動・
バランス練習などの運動によって
転倒を予防できるのかを
検討しています。

 

 

結果は・・・
運動を行うと運動を行わない場合に比べ、
転倒率や転倒者の
人数を減らすことが
できるということがわかりました。

しかし・・
年齢を75歳以上に
限定すると
運動した場合と運動しない場合と
転倒率が変わらないということも
わかりました。

転倒率とは・・・
〇〇さんが一年間で転倒した数です。

転倒者の人数とは・・・
〇〇さん、△△さん、▢▢さん・・・・
のように転んだ方の合計人数です。

 

 

運動の方法としては・・・
歩行練習、バランス練習、太極拳が
効果的だったとしています。
(太極拳がばっちりできる方は
 そもそも転びにくいような気が・・・)

 

 

転倒予防のために運動を行うときには、
お体の状態に合わせてどんな運動を
行うのかを検討することも大切なのかも
知れません。

 

 

転倒の要因は様々です。
要因によっては運動だけでは
解決が難しいこともあるかもしれません。

そんな時には手すりの設置や段差解消など
生活環境の変更も検討が必要かと思います。

 

 

また今回の論文では、脳卒中や
骨折の方は対象としておりません。

病気や骨折されたことのある方の
場合には
転倒の要因や対処法も
変わってくるのかも知れません。

 

 

本日は転倒と運動をテーマに
解説しました。

本コラムが皆さまの何かのお役に
立てましたら嬉しいです。

最後までお読み下さり、
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年5月31日)
(執筆者:市川 貴章)

 

 

参考文献

1)Sherrington C, Fairhall NJ,Wallbank GK, et al.
Exercise for preventing falls in olderpeople
living in the community.
Cochrane Database Syst Rev. Jan 31
2019;1:CD012424.doi:10.1002/14651858.
CD012424.pub2

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday