歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-03-11 14:19:00

必見!膝を手術した後のリハビリ!運動イメージ練習とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT (アルコネクト)
代表の
市川です。

 

 

今回は、人工膝関節置換術(TKA)と
呼ばれる膝の手術を行った後の
リハビリを解説していきたいと
思います!

 

 

私が病院で働いていた時には。
膝を手術された患者さんの
リハビリも担当することがありました。

関節・筋肉・皮膚など
固くならないようにするために
必死でした。

膝を手術された後のリハビリは、
医師と相談しながら筋力トレーニングや
歩く練習など行います。

 

 

今回、紹介するリハビリは
運動イメージ練習という方法です。

初めてお聞きになった方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

運動イメージ練習とは・・・
実際には運動せずに、運動していることを
頭の中で
想像する方法です。

 

 

膝を手術した後の患者さんに
運動イメージ練習を行うと
どのような効果があるのか?

今回は、その疑問に答えたLi らの
論文を紹介したいと思います。

 

 

この論文では・・・
①通常リハビリ+運動イメージ練習あり
②通常リハビリ+運動イメージ練習なし
の2つのグループに分けて、
運動イメージ練習の効果を検証しています。

 

 

結果は・・・
運動イメージ練習を行ったグループは

運動イメージ練習を行わなかった
グループに比べ、筋力向上や痛みの軽減、
歩行能力が
向上するということが
わかりました。

 

 

運動イメージ練習の良いところは、
場所を選ばず、自主トレーニング
(自主リハビリ)として行いやすいことです。

欠点は、運動をきちんと
イメージするには
コツが必要なことです。

 

 

現在、病院でリハビリをされており、
運動イメージ練習に興味を持たれた方は、
適応も含めてリハビリの担当者に
ご相談するのも良いかも知れません!

 

 

今回は膝を手術された後の
リハビリの1つ、
運動イメージ練習に
ついて解説しました。

本コラムが少しでも皆様の何かの
お役に立てましたら嬉しく思います。

最後までお読みくださり
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年6月3日)
(執筆者:市川 貴章)

 

 

参考文献

1)Li R, Du J, Yang K, Wang X,Wang W.
Effectiveness of motor imageryforimproving
functional performanceaftertotal knee arthroplasty:
a systematic reviewwith meta-analysis.
J Orthop Surg Res. Feb 022022;17(1):65.
doi:10.1186/s13018-022-02946-4


 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday