歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-03-05 13:37:00

覚えておきたい!腰痛を和らげるための運動とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設

ARUKONECT (アルコネクト)の
代表市川です。

 

 

今回のコラムは腰痛を和らげるための
運動をテーマに解説していきたいと
思います。

 

 

”テレワークになり、腰痛に悩んでいる。”
”腰痛がなかなか治らなくて困っている”
そんなことはありませんか??

 

 

腰痛をご自宅でできる運動で
和らげることができたら良いですよね!

 

 

”腰痛を家で行う運動で
和らげることができるのか?”
その疑問に答えたのが
Quentinらの研究です。

 

 

この研究では、痛みの強さ・機能障害が
ご自宅で行う運動で減らすことが
できるのかを検証しています。

※機能障害とは腰痛が日常生活に
 与える影響のことです

 

 

腰痛は様々な原因で起きますが、
ここでは非特異的腰痛の方です。

非特異的腰痛とは炎症、腫瘍、感染など
原因がはっきりとわかる以外の腰痛です。

 

 

研究の結果は・・・
腰痛を家で行う運動で和らげることが
できることが
わかりました。
(良かったです!)

 

 

では、どんな運動が効果が
あったのでしょうか??

 

 

脚や体幹などのストレッチは痛みを
減らし、ヨガは機能障害を改善する
効果があることがわかりました。

反対に、リラクセーションは腰痛を
悪化させたという結果でした。

 

 

Quentinらが集めた論文のほとんどが
筋力トレーニングと有酸素運動を
一緒に行っていました。
そのため、
どの運動が効果があるのか
断言は難しいと述べています。

 

 

さらにHaydenらも腰痛には
どんな運動が効果的であるのかを
検証しています。

 

 

Haydenらの研究では、非特異的腰痛が
12週間以上ある方を対象としています。

 

 

研究の結果は・・・
痛みにはピラティス、マッケンジー法、
体幹強化、機能回復プログラムが
効果的ということがわかりました。

機能障害にはピラティス、マッケンジー法、
機能回復プログラム、柔軟体操が効果が
あるということもわかりました。

 

 

私は、非特異的腰痛に対してリハビリを
行う時には症状に合わせたメニューが
必要と感じています。

 

 

そのため非特異的腰痛と
一塊にするのではなく、
”関節の動きが原因?”
”筋肉が原因?”
”神経と筋肉がうまく調整できていない?”

何が原因なのか分類することが大切です。

 

 

原因を分類した上で例えば・・・

関節や筋肉の固さが原因で
腰痛が起きているとすれば
➔ストレッチ

筋肉が弱いことが原因で
腰痛が起きているとすれば
➔筋力トレーニングを行います。

 

 

私は、医師の資格はありませんので
診断することはできませんが、
症状からまずは分類することは大切と
考えています。
(判断に迷うこともあります)

医師の診察が必要だなと感じた場合は迷わず
医療機関の受診をおすすめします。

 

 

原因をきちんと分類するには腰痛、
腰痛以外の症状、医師の見解など
総合的に判断する必要があるとも
思います。

 

 

腰痛を症状によって分類することで
原因に合わせたリハビリを行うことが
できますし、
何より、リハビリを
行うことでのリスクを
避けることが
できます。

 

 

原因を探らないまま行うと、誤った方法を
続けていたということもあるかも
知れません。

 

 

腰痛以外のリハビリでも同じですが、
リハビリの検査によって原因をみつけ、
その原因に合わせたリハビリを行うことが
大切だと考えています。

 

 

本コラムでは腰痛を和らげるための
運動についてを解説しました。

 

 

 皆さまの何かのお役に立てましたら
とても嬉しいです。
最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年5月28日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

参考文献

1)Quentin C, Bagheri R, Ugbolue UC, et al.
Effect of Home Exercise Training in Patients
with Nonspecific Low-Back Pain:
A Systematic Review and Meta-Analysis.
Int J Environ Res Public Health. 08 10 2021;
18(16)doi:10.3390/ijerph18168430

2)Hayden JA, Ellis J, Ogilvie R, et al.
Some types of exercise are more effective
than others in people with chronic low back pain:
a network meta-analysis. J Physiother. 10
2021;67(4):252-262. doi:10.1016/j.jphys.
2021.09.004

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday