歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-02-19 12:05:00

私が思う。リハビリの責任とは?

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONECT(アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

今からおよそ40年前、私の祖父は
脳梗塞で2度倒れ、
入院して
リハビリを受けました。

その当時、祖父が入院した病院では
家族が泊まり込みで介護をしていたようです。

その時のリハビリがとてもとても辛く、
我慢強く弱音を吐いたことのない祖父でさえも
ときどき父に不安を漏らしていたようです。

 

 

退院し自宅へ帰ってきましたが、
2度の脳梗塞の影響で

物に伝わないと歩けない状態でした。
居間と寝室の間にある障子は、
祖父が伝った後が破れています。

 

 

私はずっと障子破けたまま、
張り替えないのは
なんでだろう?と
ずっと疑問を感じていました。

父は理由を話すことなく亡くなりました。
破れた障子はいまだ、そのままです。

 

 

「破けた障子をそのままにしておきたい」
その気持ちは父が亡くなってから
何となくわかった気がします。

 

 

私の父は多発性脳梗塞でした。
頭のあちこちで脳梗塞を発症していたのです。
私の父は、家族には心配かけまいと、
弱音をけして吐かず、自分に厳しい人でした。

そんな父が私にはじめて不安を打ち明けて
くれた時、涙が出ました。

 

 

祖父や父のこと、今までに出会った
患者さん、利用者さんのことを思い返すと
提案・提供するリハビリには”責任”を
もたなければならないと思うのです。

 

 

私が思うリハビリの責任とは、
”なんちゃってリハビリ”からの脱却です。

適切な検査も行わず、経験と勘だけを
頼りにリハビリを行うことは決して
許されることではありません。

※経験も大事です。

このこと
は急性期・回復期・慢性期の
どの時期にも限らず同じことが言えるかと
思います。

 

 

目標や悩みに応じて検査を行い、
患者さんや利用者さんに合うリハビリを
ご提案・ご提供できることが、
リハビリ専門職としての責任だと
私は考えています。

 

 

(更新日:2022年5月28日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday