歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

”歩行専門”の自費リハビリ施設 「アルコネクト」

~維持ではなく改善を目指すリハビリを追求~

営業時間:10:00~18:00

定休日:水曜日 ・ 日曜日
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-02-19 12:05:00

リハビリの責任とは?

 

こんにちは!
歩行専門の自費リハビリ施設
ARUKONECT(アルコネクト)の代表
市川です。

 

 

今からおよそ40年前・・・
私の祖父は脳梗塞で2度倒れ、
入院してリハビリを受けていた
そうです。


その当時は
家族が泊まり込みで
介護をしていたようです。


リハビリがとても辛く、我慢強く
弱音を滅多に吐かない祖父も父に
不安を漏らすことがあったようです。

 

 

病院を退院し自宅へ帰ってきたものの
物に伝ってやっと
歩ける状態でした。


寝室までの動線の障子は、
祖父が伝って歩いた痕跡が
残りいまだに破れています。

 

 

私は障子が破けたままで、
張り替えないのは何でだろう

と思っていました。


父は理由を話すことなく亡くなりました。


”破けた障子をそのままにしておきたい”
その気持ちを父が亡くなってから
何となくわかったような気がします。

 

 

私の父も多発性脳梗塞でした。
家族には心配かけまいと、
弱音はけっして吐かず、
自分に厳しい人でした。

 

 

祖父や父のこと、今までに出会った
患者さんのことを思い返すと
提供するリハビリに”責任”を
もたなければならないと思います。

 

 

その責任とは・・・
”なんちゃってリハビリ”からの脱却。


適切な検査も行わず、経験と勘だけを
頼りにリハビリを行うことは決して
許されることではありません。
もちろん経験も大事です。


急性期・回復期・慢性期の
どの時期に限らず言える
ことだと
思います。

 

 

目標や悩みに応じて検査を行い、
患者さんに最適なリハビリを
ご提供することが専門職としての
責任だと考えています。

 

 

(執筆日:2022年5月28日)
(更新日:2023年2月7日)
(執筆者:市川 貴章) 

 

 

 

 

2024.02.24 Saturday