歩行専門の自費リハビリ施設「アルコネクト 」

東京都北区東田端の歩行専門自費リハビリ施設「アルコネクト」

脳卒中(脳梗塞・脳出血)・骨折の後遺症・脊柱管狭窄症・

ひざの痛み・腰痛などのリハビリメニューをご提供!

OPEN 10:00-18:00   CLOSE Wed & Sun
 03-6693-0966
お問い合わせ

リハビリコラム

2022-02-13 11:10:00

新人教育に携わる方にみて欲しい!私がリハビリの現場教育に思うこと

 

こんにちは!
脳卒中・整形外科疾患の自費リハビリ施設
ARUKONCT(アルコネクト)
代表の市川です!

 

 

本日はリハビリの現場教育をテーマに
書いていきたいと思います。

 

 

リハビリの専門職の資格を得るためには
学校の勉強だけではなく病院や施設などに
ご協力いただき”実習”を行います。

その後、国家試験を通過できると
病院や施設などに就職することが
ほとんどかと思います。

就職すると新入職の方は先輩に同行し、
見学をしたり、オリエンテーションや
研修を受けたりするのではないでしょうか。

 

 

私が実習や新人教育を受けていた頃は、
指導者の意向がかなり色濃く
反映されていました。

 

 

私自身が仕事ができなかったことも
ありますが、それなりに苦労をしました。

後輩には私と同じ苦労は敢えてする
必要がない、して欲しくないと
考えています。

 

 

教育になると、どうしても
自分の経験が先行してしまう。

個人ぞれぞれ性格も経験も違います。
だからこそ個々に合わせた教育が
必要と感じています。

私の経験からいうと一緒に学んでいく
共育というスタンスが合っている
気がします。

 

 

 

本コラムは私がリハビリの現場教育に
思うことをテーマに書きました。

最後までお読み下さり、
ありがとうございました。

 

 

(更新日:2022年5月29日)
(執筆者:市川 貴章)

 

 

 

 

2022.09.27 Tuesday